礼真琴さん,  安蘭けいさん,  舞空瞳さん

礼真琴さんの「新しい一面」を堪能!!:『エル・アルコン-鷹-』

『エル・アルコン-鷹-』『Ray -星の光線-』、ライブ配信で観劇しました。初演は、宝塚大劇場に遠征して観劇。安蘭けいさんの香り立つような成熟した大人の男役ぶり、そしてダーティーヒーローの魅力、片時も目が離せなかったのを思い出します。

そんな高いハードルをもって観た、礼真琴さんのティリアン・パーシモン…

めちゃくちゃ良かったよ~!!!(≧▽≦)

まず、素晴らしい楽曲をその太く低い声で歌い上げる歌唱力…本当に脱帽。プロローグからもう心を鷲掴みにされました。エルアルコンは、どの楽曲もとても壮大で素晴らしいと感じていましたが、礼さんが歌うことによってその魅力がもっともっと引き出されていた!

安定した音程はもちろんのこと、声ののび、艶やかな声質、全てが極上で本当に聞き惚れましたね~(#^^#)もともと礼さんの歌の巧さはわかっていましたが、その上をいく…

超絶に素晴らしい歌を聴かせてもらいました(≧▽≦)

ティリアンは、ダーティーヒーローの魅力を引き出せなければ、はっきり言って「野心に突き動かされる、ただの凄く嫌な奴」になってしまう。

でも、礼さんのティリアンは違った。ここ最近の礼さんで一番の「色気」「大人の魅力」「強さと儚さ」を本当に上手く表現し、実に魅力的な人物像に昇華していた。だからこそ、安蘭けいさんと比べることなく、純粋に礼さんのティリアンに感情移入できたし、新たな人物像を作り上げられたと感じました。

同じ礼真琴さんの悪役として思い出すのは、スカーレットピンパーネルのショー・ブラン。でもね、実は私、映像で観る限りあの頃の礼さんにはまだ本物の「悪役」を感じられなかったんです。

どうしても可愛らしさや優しさ、幼さを感じてしまって…柚希礼音さんのショー・ブランの迫力を思い出しながら観てしまったんです。

でも、今回は違った。

本当に「悪役」を感じられたし、そのなかにある奥深い心の葛藤もひしひしと感じられた。あぁ、こんなにも大きな男役さんになって…なんて、長く観てきた星組ファンとして勝手に姉?目線で感動してしまいました( *´艸`)

数々の女性たちを虜にしていく様も、実に色気があり濃厚で大人の男役を体現していましたね(#^^#)

特に、舞空瞳さん演じるギルダ・ラバンヌに迫るシーンは、息をのむほど…強く気高い彼女を、圧倒的なパワーで征服していく礼ティリアンは、迫力があって今の礼さんだからこそ演じられる「センシュアルなシーン」だと思いました。

トップスターとしてのオーラを醸し出しつつも、決してキラキラしている役ではない、そんな難しい役を完全に自分のものにしていました。

さすが、並々ならぬ思いをこの作品に抱いている礼真琴さんです。海賊が大好きな礼さん。

宝塚作品のなかでもトップクラスのダーティーヒーローな海賊を見事演じきってくれました!!礼真琴の本気!そして新しい一面を観た!!!

何度も観たいと思える、そんなティリアン・パーシモンでした!!そんなティリアンにかかわる、たくさんの魅力的なキャラクターたち!!これから、たくさん語っていきます( *´艸`)

\読んだよ!のしるしに「クリック」してくださったら嬉しいです /

PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、スカパーでタカラヅカスカイステージを観ています(*^^*)スカステは、いまやなくてはならない大切なチャンネルに♡

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です