瀬央ゆりあ、専科異動の本音

宝塚GRAPH2024年6月号が、手元に届きました!

ざざーーーーっと見ただけですが、朝美絢さんと卒業間近の海乃美月さんが表紙&巻頭ですでに涙目(/_;)

かつて、月組で同じ時代に切磋琢磨していた仲間。ともにスター街道まっしぐら!でしたが、今こうして邂逅していることにじーんですよ(/_;)

もうね、ヤバイです。はい。もうこの巻頭ショット、全部ヤバイです(≧▽≦)あーさってホントカッコいいよね、で、うみちゃんはやっぱり美しい。全く持ち味の違うお2人だからこそ、この化学反応がめちゃくちゃカッコいいです!!

気になるコーナーはたくさんありますが、今日はひとつだけ紹介させてください。

目次

瀬央ゆりあさんが専科生になってから…

やっぱりいつも気になる、せおっちのこと。

瀬央ゆりあさんは、今回スペシャルフォト2ページと、インタビュー2ページの計4ページにたっぷり登場…!

このインタビューが、すごくよかったです(/_;)

写真もめちゃくちゃいい表情で素敵です。「ビッグフィッシュ配色」のフォトだったの、偶然?(*’▽’)せおっちの108ページと、こっちゃんの109ページは…あれ?同じところで撮影だった??もしや、ことせおだった??

せおっちが、星組から専科に異動になった時、私ものすごく寂しくて礼真琴さんの隣で笑っていてほしくて、でも同時に「これは、せおっちがさらに輝くチャンスだ!」と心が躍ったことも思い出します。

せおっちが、本当の意味で面白くなるのはこれからだと思います。」と、この記事を書いた時ですね。

あわせて読みたい
なぜ「瀬央ゆりあ」が専科に行くのか。納得できた私的考察 もうすぐ、専科に異動することが決まっている瀬央ゆりあさん。広島出身。私は広島を訪れるたび、「せおっちの故郷かぁ…!」とより広島の風土や人の雰囲気が好きになって...

せおっちは、楽しい気持ちで過ごしてる!!

今回のGRAPHのインタビューでは、星組から専科に異動になった時の気持ち、外部出演の頃、その後が率直に語られていました。

このインタビューで応えてくれていたことが、まさに、瀬央ゆりあさんの今の本音なのでしょう。

私が思っていた以上に、「ワクワク」「楽しみ」「楽しかった」という言葉があふれていて、せおっちが、専科生になってからのさまざまな役割、出演をとっても肯定的に楽しんでいたことに、心底嬉しい気持ちになりました(/_;)

きっと、せおっち出演ラッシュになるはず…!

もちろん、ここには語られていない葛藤もあったかもしれません。

でも、せおっちの言葉から、専科生になって新たな自分に出会えること、新たな経験ができること、そしてそれを宝塚に持ち帰れることをとてもポジティブに語ってくれていて…。

せおっちの人柄、星組への想い、こっちゃんへの想い・リスペクトが溢れていて、このインタビュー読めて本当によかったなぁと思いました(/_;)

せおっちはこれから、必ずやさまざまな組をまわり、忙しすぎるほど出演ラッシュになることでしょう…!

95期との共演もあるのかもしれません。

色んな色に染まって、輝くせおっちが近いうちに見られるかも!!

そんな嬉しい予感がした、瀬央ゆりあさんの素敵なインタビュー記事でした(*’▽’)

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメント一覧 (2件)

  • お言葉、心に沁みました。

    この数年、落ちる一方で、何を見ても、何か出版されてても楽しめない。ネガティヴなことしか考えられない。完全に心が折れて、ズタボロ状態…遂には日常生活までおかしくなりつつある今の私にとって、一筋の光というか…少し救われた感じがしました。
    温かいお言葉、ありがとうございます。

    私も瀬央さんの宝塚での舞台出演を心から祈ろうと思います。

    • コメント有難うございます。
      礼真琴さんの写真集が届いたのですが、せおっちも限定版の小冊子にたくさん登場されていて、心がすごく温かくなりました(*^^*)
      ことせおの絆をすごーーく感じて、涙が出そうになりました。
      きっとこっちゃんもせおっちの活躍を心から願っているし、応援しているんだな、と感じました!!

コメントする

目次