夢咲ねねさん,  凰稀かなめさん,  白華れみさん,  礼真琴さん,  英真なおきさん,  涼紫央さん,  柚希礼音さん,  紅ゆずるさん,  真風涼帆さん

【連載2】“ちえねね”の伝説の舞台!初演星組「ロミオとジュリエット」:絶妙なキャスティング

【連載2】は初演ロミオとジュリエットの、言いようがないほど「絶妙なキャスティング」にフォーカスしたいと思います(*^^*)

まずは、ロミオ役の柚希礼音さん。


登場した瞬間から、信じられないくらいのオーラがありました。 何だろう?周りの空気まで変えてしまう様な、トップのオーラ。 そして一瞬です。その魅力にはまってしまったのは…
金髪に、長身でダイナミックなダンス、 心の奥に伝わってくる迫力の重低音を響かせる歌声、 そして人を惹きつける風貌、演技力。 全てが一気に押し寄せてきて、 もうファンにならない理由なんてありませんでした!

柚希さんの存在は、下級生時代から知っていましたし、 「王家に捧ぐ歌」や「エル・アルコン鷹」で、柚希さんの舞台を生で拝見していました。

でも、この時感じたまぎれもないトップのオーラは、 確実にこれまでの柚希さんと違った!! ロミオの若さや純粋さ、若さゆえの衝動と繊細さを本当に丁寧に演じ、 例えようもなほどにキラキラして素敵でした。

そのお相手であるジュリエット役の夢咲ねねさん


一目見ただけで、この人が娘役トップだと誰もがわかる 文句なしの華やかさと舞台姿の美しさ(*^^*) まだ少し一生懸命な感じが、かえってこのジュリエットという役にマッチしていて。

ロミオと同じく、若さゆえのストレートな表現が、とても素晴らしかった。 これから色々な役で観てみたい!とこの時から感じさせてくれました。 そして、ふたりが並んだ時の、何ともいえない華やかさ。 ふたりの相性の良さのようなものを感じて、 コンビで大好きになりました。

ティボルト役の凰稀かなめさん

 ティボルトは、狂気の象徴のような役だったと思います。 凰稀さんのように、容姿端麗で、貴族的な美しさを持つ方に このような激しく荒々しい役は、今思えば挑戦だったのかなと思います。でも当時は、初めて観た役がティボルトだったので 全く違和感がなく、むしろあまりにぴったりすぎて 今でもあの姿が脳裏から離れないくらいです(#^^#)


真っ赤な衣装に身を包んだティボルトは、本当に「いつ切れてもおかしくない、危ない男」そのもの。 そして、恐ろしく美しい。

常に狂気をはらんでいて、眼差しは鋭く、私の目の前に立たれるだけで 息ができない!!と思うくらい緊迫していました。 (最前列というのは、こういうものか~と心底実感(‘Д’))
狂気と、色気と刹那的な部分をうまく併せ持った、 完璧なティボルトだったと思います。

ベンヴォーリオ役の涼紫央さん 

私が、柚希さんと共に、一瞬ではまってしまった方です。
この役の涼さんに出会わなければ、涼さんの魅力に気がついていたか… 本当にとんでもないインパクトがありました!

まず、わかりやすいところで言うと「風貌」。 これまでの涼さんのイメージは「ザ・正統派」でした 。もうこれ以上ないというくらい、宝塚の男役さんらしい 正統派男役のイメージだったんです(*‘∀‘)

でも、この当時誰も見たことがない「超ベリーショートに金髪」!!この髪型にぴったりのスタイリッシュなメイク。 衣装の細部、アクセサリーのひとつひとつにまで 完璧にこだわり抜いたと伝わってくる、美の結晶のような舞台姿…


とにかく一言…かっこよすぎました!!


そして、その外見だけではなく、ダンスの動き、お芝居中の仕草ひとつひとつが非常に丁寧に男役の美学を追求されていてとても魅力的! 気づけば、登場するのを心待ちにして、すぐ目で追ってしまいました。

ベンヴォーリオという役は、ロミオの親友であるとともに周りをしっかり客観視できるチカラを持ち合わせている。そして、ロミオの頼れる兄的存在。 それがそのまま柚希さんと涼さんの関係にも通じているように感じられて…

何も知らないこの当時から感じられた信頼関係。本当にベストなキャスティングだったと思います。

マキューシオ役の紅ゆずるさん 

この時の第一印象。 「ちょっと瀬奈じゅんさんに似てる?」
今は、そうは思わなくなりましたが、当時はぱっと観たときに似ているな~と感じました。 華奢で、シャープな顔立ちがそう思わせたのかもしれません。 この役は、ティボルトとはまた違う、すごい狂気をはらんだ役。


ロミオやベンヴォーリオとも違う感情で、 様々なものを敵視している若者という印象。 若さゆえの衝動的な部分が一番でていた役だと思います。 そういった部分はとても表現されていて、 最後にロミオを攻めながら息絶えるところ…
観ている方も、何とも言えない気持ちになるほどリアルでした。

ただ、まだこの時点では、ちょっと物足りなさを感じてしまったのも事実。でも、きっと未来は明るいスターさんではないかと期待していました…
それから長いときを経て、こうして紅さんが大きく飛躍されるとは!! とっても努力して、大きく大きくなられた紅さん!本当に素晴らしい!!

神父役の英真なおきさん

当時星組組長 英真なおきさん。
この方がいてくださるだけで、古いファン(私も、もうそうなりますかね)
は、無条件に安心してしまうのです。 そして、舞台のキーパーソンとなり、より深みを与えて下さる。 この神父という役もそうです。


柚希さん演じるロミオが、両親にも友人に言えない本心を 神父様にだけは打ち明けられる。 そんな心の拠り所となる重要な役。 英真さんはその、明るいキャラクターが印象的ですが このように一切笑いの部分がなく、 抑えた演技も実は非常に魅力的な方だと思います。


教会のシーンで、白華れみさんと共に ロミオとジュリエットの行く末を心から案じ、 幸せを祈る姿は涙を誘いました。やはりこれからも、英真さんは宝塚にとってなくてはならない人です。

ジュリエット乳母役の白華れみさん


白華れみさんは本当に何もかも巧い!! 今思えばあの乳母役は、れみさんにとって本当に大変なお役だったのではないかと思います。


夢咲さんと同じ組で、しかも同期。同じ作品に出演。 同期でありながら、夢咲さんの乳母という立場。 難しい役どころだったと思います。 でも、それをパワーに変えて、白華さんの乳母役は本当に素敵だった!!


チャーミングで、安心感があって、とにかく巧い!! 惹き付ける何かがありました。 そして、この役を境に、 その後ますますパワーアップしていかれたようにも思えます。 ジュリエットを思う乳母の親心を丁寧に、心をこめて歌っていらっしゃる姿。 本当に感動的で涙しました。

愛役の礼真琴さん

いや~!!参った参った!! 私、当時は娘役さんだと信じて疑いませんでした!! しかし、実は男役さんでしかもこの時超下級生!!それであのクオリティ…恐ろしく巧い。

一言も台詞はないけれど、その表情やダンスだけで 娘役としての魅力を、この時点で全て持っている、と感じられました。


例えば、体のライン。 動きのひとつひとつ、特に曲線を描く動きが、芸術的に美しく ストレートの金髪をさらさらとなびかせながら、 シンプルなドレスに身を包み踊る姿は 美しくて可憐で、少し哀愁があって…


慈悲深い優しい表情が素晴らしく、その微笑みで全てを包み温めていた。 ロミオとジュリエットの世界をより深く素敵にしてくれた。 天使のようなタカラジェンヌさん。

また、あのような娘役さんの姿でも活躍して欲しい、 なんて望んでしまったら、いけないかしら…と当時は思ってしまうほどでした。

今や星組のトップさんに!そして愛月さんと並んで♡しみじみ、歴史を感じます。

死役の真風涼帆さん

「水夏希さんのトート、再来」
まず、そのヴィジュアルにとにかく驚きました。 本当に似ている…
これが第一印象。

死という役は、愛と同様、一言の台詞もなく ただ、そのダンスや表情で、ロミオを誘い惑わしてゆく存在。 クールな風貌で、下級生とは思えない堂々としたダンス。 恐ろしささえ感じるほど、この役に入り込んで演じられていて…
愛と死というふたつの存在が、ある意味この作品を引っ張り、 操っているようにも思えた印象的な役でした。 

真風さんは、その後の活躍でもわかるように独自の男役像を作り上げられていますね。 素の部分では、「ふにゃっ」っとした笑顔をされたり、 ふふっと笑えるようなことをさらりと言っちゃったりして そのギャップも魅力( *´艸`)今や大人の男がお似合いのどっしりとして素敵なトップさん。感慨深い気持ちです(#^^#)

他にもたくさん素敵なキャスティングがあったのですが、主に心に残った方々のことを書きました。考えてみれば、ほとんどの方がトップ、そして星組に欠かせないスターさんになり組を引っ張る存在になっていかれましたね。

きっとこの時、それぞれが新しい扉を開けてがむしゃらに役に向き合い、つくり上げた経験が後の作品や役者としての幅を広げる糧になったのだろうな、と今ならわかります。

それでは【連載3】 ストーリーをより深くしてくれたオリジナルの設定

こちらもお楽しみにしていただけたら嬉しいです(^^♪


読んだよ!のしるしにクリックしてもらえたら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村

(私は、スカパーでスカイステージを視聴しています♪)

柚希礼音写真集 ETERNITY 【DVD付】

価格:5,280円
(2020/2/14 13:42時点)
感想(0件)

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です