夢咲ねねさん,  礼真琴さん,  柚希礼音さん,  真風涼帆さん

【連載3】“ちえねね”の伝説の舞台!初演星組「ロミオとジュリエット」:ストーリーをより深めたオリジナル設定

【連載3】は初演星組「ロミオとジュリエット」のストーリーにフォーカスします。

物語をより深くしてくれたオリジナルの設定 。
今回のロミオとジュリエットという作品には、 「愛」(礼真琴さん)と「死」(真風涼帆さん)という、これまでの同作品にはなかった概念の 役どころが用意されていました。 これは、とても興味深い設定でした。

言わずと知れた不朽の名作「エリザベート」

これまでも、小池修一郎先生の作品「エリザベート」 で、  黄泉の帝王=“死”トートという役がありました。 トートが登場するからこそ、輝きを放ち物語の深みが増すミュージカルです。


“死” という実体のないものを具現化することで、 より具体的に、より深く主人公(エリザベート)の心の動きが感じられる…
それがたとえ悲劇であったとしても、 その先に道が見えてエリザベートの何とも言えないあの微笑でラストを飾る。

しかし同じ “死” を具現化するという設定でも「ロミオとジュリエット」と「エリザベート」が違っていたのは、

「死」 に対抗するまたは紙一重で存在する「愛」

という役どころが用意されたこと。 ロミオとジュリエットの運命的な恋から、情熱的に燃え上がり やがてその愛ゆえに燃え尽きてしまうまで。 悲劇的な物語を、美しく描き出していた。「愛」が存在してくれていたからこそ、なぜか作品を観終わる時少し救われたような気持ちになれた。

「死」 がロミオに忍び寄り、「僕は怖い」で歌われ表現されたように 幸せの中にあっても、真っ暗な闇が広がり、 それに飲み込まれそうになる。 しかし、「愛」の存在が、若いふたりをいつも見守っている。

 やがてふたりが「愛」ゆえに燃え尽きたとき 「愛」と「死」も重なりあう… 

最後に、黄泉の国だと思われるところで ロミオ(柚希礼音さん)とジュリエット(夢咲ねねさん)がこの上ない満ち足りた笑顔で じゃれあいながら幸せそうに踊る姿を観た時、 この作品がただの悲劇ではなく、壮大な愛を表現した 素晴らしいものなのだと、改めて感じました。

この時の、柚希さん、夢咲ねねさんのデュエットダンスは これまで観てきた様々なトップコンビのものとまた違った 若さ、純粋さ、そして無邪気さ を本当に良く表現した斬新なものでした。

こんなに涙したデュエットダンスは、いまだに観たことがありません。


観ていて心から温かい気持ちになり涙しました。 このダンスがなかったら、もしかしたら悲しいまま、 心が重たいまま劇場を出ていたかも。 それくらい、このデュエットダンスに救われた。 やっぱり宝塚には救いがある。

誰もが一度は読んだり、観たことのある「ロミオとジュリエット」を 、新たな切り口で作られたこの作品は このようなオリジナルの設定やシーンによって より深く素晴らしい名作となったのだと思います。

皆さまはどう思われますか?

…ということで、【連載4】は「 斬新な衣装+完璧すぎるビジュアル 」について書きたいと思います。すごく私好みのお衣装だったので、もう書きたくてうずうず!次回もお楽しみにしてくださったら嬉しいです(*^^*)

読んだよ!のしるしにクリックしてもらえたら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村

(私は、スカパーでスカイステージを視聴しています♪)

柚希礼音写真集 ETERNITY 【DVD付】

価格:5,280円
(2020/2/14 13:42時点)
感想(0件)

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です