礼真琴さん,  舞空瞳さん,  愛月ひかるさん

礼真琴さん、涙の千秋楽!!:星組 東京宝塚劇場公演『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』『RAY -星の光線-』

ライブ配信を観終えたとき、まるで私も劇場の客席にいたような感動と心地よい疲れを感じていました。

そのくらいのめりこんで、感情をフルに揺さぶられて…生の宝塚って、この臨場感ってやっぱりたまらない!!と再確認したのでした。

書きたいことは山ほどあるのですが、まず言わせてください。

礼真琴さん、もういろんなことに泣けたよ~!!素晴らしい公演をありがとう!!!

『眩耀(げんよう)の谷 ~舞い降りた新星~』


星組宝塚大劇場公演 幻想歌舞録『眩耀の谷〜舞い降りた新星〜』【Blu-ray】 [ 宝塚歌劇団 ]

お芝居では、「礼真琴さん」そのもののような真っ直ぐで明るく曇りのない礼真というお役。心酔する管武将軍(愛月ひかるさん♡)に初めて会うシーンでのこぼれんばかりの笑顔。少しずつその関係性が変わり戸惑いと悲しさと怒りとが入り混じった銀橋での場面…

礼真の心の動きがよくわかり、そして覚悟を決めていく過程がよく表現されていました。

それに、両親への愛も。

両親を大切に思う心、「また生まれ変わっても、あなたたちの子供になりたい」

このセリフに泣かされました…(;_;)滲み出るような温かさや素直さが礼さん自身にとっても合っていて、すーっと心に届きました。

ブン族の皆をまとめるラストシーンも圧巻。

控えめでありながら、でも強い意志と頼もしさで皆を説得していくところは、礼さんなのか礼真なのかわからないほど。(礼さんの挨拶でご本人もおっしゃっていましたね、自分なのか礼真なのか…わからなくなることがいっぱいあったと)

作品のストーリー自体も相手を倒すとか、信じるもの大切なもののために自分を犠牲にするとか、そういうラストじゃないところがとても良かった。

とても現代的で、新しくて今のこの時代を生きる私たちに星組さんにぴったりだと感じたんです。

それは、礼さんの礼真だったからこそ説得力があったのではないかと思います。

誰よりも舞台に出続けて、アグレッシブに踊って歌って演じて…勢い余って「おでこ事件」が起こったのもご愛嬌(*^-^*)その後の舞台トラブルも心配しましたが、再開時の「始めるぞーーーー!!!!」の力強かったこと!一瞬でまた作品の世界に引き戻してくれた、私たちへの大号令でした。

俺についてこい!!みたいなリーダー像よりも、仲間に愛され応援されてともに高みを目指そう!そんなリーダー像がとても似合う。作品と礼さん自身がリンクするとても感動したラストでした。

『RAY -星の光線-』

ショーでは、礼真の純粋さ素朴から一変!

星男らしい、礼さんのギラギラとした男役ぶりにドキドキさせられました( *´艸`)

特に印象に残ったのが、オープニングで銀橋にずらりと星組生が並んだシーン。相手役の舞空瞳さんがお隣の華形ひかるさんに一瞬うっとり♡みたいなしぐさをした時…

礼さんが「俺だけを見ろよ!!」的な感じで、強引に舞空さんを引き寄せるシーン( *´艸`)

いつの間にこんな色気のある男役さんに( *´艸`)なんて、普段の可愛らしさとのギャップにキャ!となりました(#^^#)笑顔を見せない表情もすごく良かった( *´艸`)

全体をとおして歌声の安定感と美しさ、ダンスのキレ、スタミナのある舞台姿はトップとして星組を率いる気迫に満ちていた。

これだけできるトップスターさんでも、そこに胡坐をかかず「自分に足りないもの」や「身に着けたいもの」へのあくなき探求心を見せる。そんな謙虚さや貪欲さが礼真琴さんの魅力だと思っています。

勝手な想像ですが、きっと口であれこれ言うタイプの方ではないのでしょう。でも、自分が先頭に立ち誰よりも謙虚に芸事に向き合う姿が、周りを巻き込み士気を上げ頑張ろうと思わせる。そんなトップさんなのではないでしょうか。

千秋楽の挨拶も、本当に素晴らしかった。

礼さんらしさは失わず、でもとてもトップスターらしい頼もしさと心のこもった挨拶でした。

自分から「おでこ事件」( *´艸`)に触れたこと、柚美組長への想いをきちんと言葉にされたこと、華形ひかるさんへの感謝の言葉、どの言葉にもつくりものではない、「礼真琴」の心が宿っていました。

あぁ、こういう人が次世代の星組のトップスターで良かった。

トップスターらしさを気にするばかりに、教科書通りのような言葉を並べても、きっとこのご時世、人の心には届かない。皆が心から待ち望んだ大切な日のラストだからこそ、涙を流しながらの礼さんのカッコつけてない曇りのない素直な言葉が響きました。

本当に重責と不安と緊張で押しつぶされそうな日々だったことでしょう。それを見事にはねのけ、素晴らしいパフォーマンスを発揮した礼真琴さん。

トップスターとしての船出は、大大大成功でしたね!!

これからの作品も、きっとひとつずつ階段をのぼるように、素敵なトップスターさんになっていかれることでしょう。次回の作品も、本当に楽しみにしています(*^-^*)

「星を継ぐ者」礼真琴さん、トップスター就任本当におめでとう!!!

\読んだよ!のしるしに「クリック」してくださったら嬉しいです /

PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、スカパーでタカラヅカスカイステージを観ています(*^^*)スカステは、いまやなくてはならない大切なチャンネルに♡


星組宝塚大劇場公演 幻想歌舞録『眩耀の谷〜舞い降りた新星〜』【Blu-ray】 [ 宝塚歌劇団 ]

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です