龍真咲さん,  朝美絢さん,  珠城りょうさん,  愛希れいかさん,  星条海斗さん,  白雪さち花さん

珠城りょうさんの進化!2014年月組「博多座公演」3本立てを振り返る

月組博多座公演3本立て、2014年に観劇しました。

龍真咲さん率いる1人3役!10役!の勢いでパワー溢れる舞台(≧▽≦)

今回は、2014年の博多座3本立て公演を振り返ります。

どの作品も良かった!豪華3本立て

正直、一番ノーマークだった日本物レビューが、一番ガツンと心にきました。

博多座初の日本物レビュー。聴き馴染みのある曲のアレンジ、緩急つけたメリハリのある構成、月組の歌のうまさに驚き!改めて、宝塚の実力や奥深さを感じたのでした。

特に、よさこいは良かった~!

お芝居は、ほっこりして温かい気持ちに(#^^#)充実した25分。内容も、「箸休め」と言うには申し訳ないくらい良く考えられた展開で、石田先生らしい作品だと思いました~!

なんだかラストはじんわりしましたよ。

そして、花詩集100!

補助席で龍さんが近くまで来られた席の方は、泣いている方もいらっしゃったそう!若い女性ファンも多いな、という印象の月組さんはやはりフレッシュな魅力溢れるところが武器ですね!

宝塚、東京とは違う序列となった月組博多座公演。
頭角を現してきた~!!!という若いジェンヌさんもいらして、とても興味深い内容でしたよ。

それでは、2014年当時の観劇で特に心に残った方、感想を書きたいと思います!

愛希れいかさん

愛希さんは当時から言わずもがな…の実力と華です。
とにかく全てが整っていて、そのうえみずみずしくキュートな可憐さと、男役仕込みのシャープでカッコイイ部分が共存しているのがとても素敵だった(≧▽≦)何をしても巧い。こんなに安心感のある娘役トップさんはなかなかいないのでは?と思うほどでした。

キレのあるダンス、のびやかな歌、少女も大人もできる幅のある演技。素晴らしいの一言です(#^^#)

星条海斗さん

若いメンバーが頑張っていた博多座公演、やはりこの方の存在はとても頼もしかった!

自然に、どの場面でも目で追ってしまう方でした。華やかでゴージャスな風貌に、華やかなお衣装がとてもよくお似合い。星条さんは、この3本立てのなかでとても重要なポジションをまかされているな、と感じました。登場されるだけで、場が華やかになり、ぐっと引き締まり魅力的になる。若さ溢れる月組で、この方の存在はとても貴重だと凄く感じました(^.^)

落ち着きと安定感がとにかく心強くて、容姿も本当に華やか。群舞でも細かく表情をかえキザる男役ぶりは流石!!1公演1公演を丁寧に大切に取り組んでいるのが伝わってくる。特にレビューで感じました。

珠城りょうさん

2014年当時、とても惜しい!と思ってしまったのが珠城りょうさん。長身、ダイナミックさ、真面目さ、華やかさ、とても良いものをお持ちなのに、あと少し何かが足りない…

でもそれは、歌、ダンス、演技全てが揃って素晴らしいからこそ、期待してしまうものでした。

強いて言えば、「こなれ感」「抜け感」のような部分。


日本物ショーのよさこいは、センター。洗練されていて爽やかでとても素敵な舞台姿にくぎ付け!日本物で、しかもシンプルな和の衣装だからこそ際立つ美しさと色気がありました。手ぬぐいでまとめられたヘアスタイルはシンプルそのもの。それなのに絶対的な華があり、ダンスもダイナミック!印象に残った場面です。


さらに男役の色気、遊び心、そんなところが加わったら、無敵の男役さんになりそうだと感じました。

数年後トップスターになって、この部分が少しずつプラスされとても魅力的な男役さんに(#^^#)

たまちゃぴコンビにときめいた私です(≧▽≦)今は、どっしりと安心感のあるトップさんになられました。おちゃめなところや、ちょっとツンデレな素顔もチャーミング。ようやく余裕と素顔が舞台姿にも垣間見られるようになり、とても進化を感じます。そのおおらかな雰囲気と誠実なお人柄は、舞台の真ん中でもやっぱり輝いています。

2014年に少し物足りなさを感じたところ…今はもう、しっかりと乗り越えどっしりと立っている。そんな風に感じます。

白雪さち花さん

いや~!白雪さんには2014年から脱帽ですよ。
舞台からは、その歌唱力、色気に驚きさらに魅力を感じ本当に素敵だった。
白雪さんも日本物ショーで魅力を全開に。よさこいのソロパートは艶があって力強さがあって圧巻です。

はじめ顔が見えない笠を被っているので誰だかわからないのです。でも女性らしい情感溢れる歌声、しなやかで妖艶な物腰で惹きつけられました。


その他のシーンでも、どんな後方で演じたり踊ったりされていても目で追ってしまいましたね。花詩集で腕にブックモチーフのブレスをされているプロローグのシーンでも一際目を惹く存在感でした。個性のある貴重なジェンヌさんです。

朝美絢さん

いや~!!!この公演で、かなり頭角をあらわしていたのは、今や雪組で輝く男役スターさん「朝美絢」さんです。どのシーンでもパッと目を惹く華やかさ。2014年当時から、そのスター性は輝きを放っていました。


そして、この公演は下級生もどんどん前へ!と活躍の場が用意されていたためさまざまなシーンで大活躍されていましたよ(^^♪特に中詰めあたりの、鳥モチーフのダンスは素晴らしかった!男役さんとのからみも色気たっぷりで…この学年にして、魅せる雰囲気は凄い!と思いました。

スターの片鱗がそこかしこに…この時感じたことは、やはり間違いではなかった!と思います。

伸びしろしかない、スター勢ぞろいの2014年月組

…と特に特に心に残ったのはこの方々です。
美弥ちゃん、凪七さんを始めとする主要メンバーが抜けている作品ということで、正直やはりその穴はとても大きいと感じました。でもトップの龍真咲さんをはじめ、皆さんがその時もてる力を全開にして公演を務めてくださり、その全力の姿に心震え感動しました(*^-^*)


嬉しいことに、私が観劇した日だけでなく、その後も満員御礼が続いたそう。もちろん、観劇日も補助席が出る盛況ぶり!若い女性、年配の方、男性、様々な方が来場されていたのも人気の高さをうかがわせました。

今思い出しても、この博多座公演は特に熱気に満ちていたなと思います(#^^#)

\読んだよ!のしるしに「クリック」してくださったら嬉しいです /

PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、スカパーでタカラヅカスカイステージを観ています(*^^*)スカステは、いまやなくてはならない大切なチャンネルに♡

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です