瀬央さんが、最近やけにカッコいい!!:「瀬央ゆりあ」が花開くか?

目次

「せおさんが さいきんやけに かっこいい」

このブログでも何度も瀬央ゆりあさんのことを書いてきました。それは期待をこめたエールの言葉が多かったかもしれません。

でも最近、そんなエールを送らねばらならない時代は過ぎ去り、ついに瀬央ゆりあさんの個性が花開き出したんじゃないか?と思うのです。

だって最近「瀬央さんがやけにカッコよくないですか?」

せおっち快進撃!!!

親しみを込めて「せおっち」と呼びたくなる可愛らしさが全面に出ていた瀬央さん。最近では、立場を理解してしっかりと組を引っ張っていく力強さを感じます。トップスター、同期である礼真琴さんを支え、主演作品でもしっかりと成功を収めました。

「龍の宮物語」では、大正ロマン香る独特の世界観を清らかに演じ抜き、直近ではミュージカル・コメディ『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』で何ともおしゃれで粋な英国紳士を演じられました。

ライブ配信でこの作品を観たのですが、瀬央さんの温かさが滲みつつも宝塚男役らしい「クサさ」「きゅんとさせる目線や動作」をしっかりと魅せてくれてグッときましたね~(*^^*)

台詞も聴き取りやすいし、歌も安心して聴かせてもらえる。ダンス、お芝居の動きも自然で無理がない。

あ~、瀬央さんさまざまな上級生たちの影響を受け、下級生たちに伝え、大きくなられたんだな~って思った。

特に印象的だったのは、ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』で彼を取り巻く女性たち3人との絡み。色気もあり、純粋さもあり、不器用さもあり…

そんな男性像を実に爽やかに、でも色気を漂わせながら演じられていました。すごくよかった~!

ラストの「バチコン!!!!!」と音が聞こえてきそうなウインクがとっても素敵だった!

これぞ宝塚のハッピーエンドを思わせる笑みと、じっくりとためてからの大ウインク!それをしっかと間をとってできるのは、余裕のある大人の男役さんだけ!(と私は勝手に思っている( *´艸`))瀬央さんもついにその域に!!と思わず拍手してしまいました(#^^#)

ビジュアルもやっぱりいいですよね。せおっち。

ポスター画像がどれもいい。これまでは面白くてキュートなキャラクターが前に出ていたので気づかなかった(失礼!)けれど…

実は宝塚全組を見渡してもバランスのとれた面長の男役らしい「超美形」なせおっち。『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』のポスターがその真骨頂でした。画像を見た瞬間、「これは成功だ!瀬央さんかっこいいよ~!!!」と謎のガッツポーズでした( *´艸`)

Blu-rayの発売も決定して、素晴らしい!!!!


星組KAAT神奈川芸術劇場公演 ミュージカル・コメディ 『ザ・ジェントル・ライアー ~英国的、紳士と淑女のゲーム~』【Blu-ray】 [ 宝塚歌劇団 ]

以前、私は瀬央ゆりあさんならではの個性をプラスしたら、きっともっと輝かれるはず!と書きました。

最近思うのは、せおっちの個性って「何者にも染まれる幅広さ」なのかなと思うんです。

スタイリッシュな今風男子もできるし、昔ながらの濃い男役もできる。面白い3枚目もできるし超絶男前な2枚目もしっかり務まる。普段の親しみやすい素顔を知らない人が初めて観たら「あの美形さんは誰?」となるだろうな~と思います。

それって、宝塚だからこそ絶対必要なものだと思うんです。

歌が素敵、ダンスが素敵、お芝居が巧い!それもとても大事なのですが、タカラジェンヌならでは…といえば、「なんかきゅんとくる」「目で追ってしまう」「この人、何だか気になる!」という何とも説明しがたい魅力を放っていることではないでしょうか?

そういう説明のつかない「+αの魅力」をついに身に着け体現しているのが今のせおっちだと思うのです!(現に、宝塚を知らない方にある時宝塚の映像をちらりと見せたら綺麗な人!と「せおっち」に反応されていました!)

先日、百花繚乱の星組男役の記事、たくさんの方に読んでいただきました。そのくらい星組男役が今注目されているのだな~と嬉しくなります(^^♪

そのなかで、せおっちがどうかどうか相応しいポジションで輝いてほしい!

色んな上級生に愛されてきたせおっち、同期や下級生にも愛されているその人柄と紆余曲折あったこれまでの経験を生かして、舞台上で大輪の華を咲かせてほしいです(*^-^*)

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです^^

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次
閉じる