【星組編】2022年に注目したいタカラジェンヌは?PART1

ライブ配信によって、オンタイムで観劇を楽しめるようになったことは、とても有難いことです。すべての公演ではありませんが、シアタービューイングしかなかった時代に比べれば、多くの作品を観ています(^^♪

目次

今年「特に」注目したいジェンヌさん♡

どの組も、どのジェンヌさんも素敵で、それぞれの魅力にも気が付くことができています(#^^#)そのなかで、あえて選ぶのはとても難しいのですが、今年も特に2022年注目したい!と感じた方たちを勝手にご紹介させてください(*^^*)

それでは、昨年同様にとにかく順不同、気になる方のお名前とその理由を思いつくままに挙げていきます!

※今年は、あえてトップスターは除外します。学年やランキング順ではありません。もちろん、こちらに挙げている方以外も注目したいのですが「特に」ということで(*^^*)

本領発揮して、新たな魅力を開花!

瀬央ゆりあさん

ついにやってきました。この時が!

ついにこの時がやってきた!せおっちが、星組の要となる日が…

みんなに愛されて、場を明るくして、星組の底力のひとりとなったせおっち。愛月さんが抜けた穴は大きい。でも愛月さんのラストデイでも礼さんと愛月さんから名を呼ばれたように( *´艸`)

これからの星組を引っ張る重要な役割を担うことは間違いない!礼さんと同期コンビとなるこの時、さぁ瀬央ゆりあはどう個性を発揮する?

新たなフェーズに入った今、せおっちの星組スターとしての真価が問われるときだと思います。

主演作品のポスターも文句なしに素敵!ぐっとスターオーラが増した気がしました♪

私はせおっちのお芝居心がとても好きです。なので、せおっちは「芝居で特に輝く!」と勝手に思っています。せおっちに合った素敵な作品だといいな(*^^*)

文句なしのビジュアル×華に+αを期待!

極美慎さん

ビジュアルよし、華やかさよし、そしてギラギラとした星男のイメージに反して「爽やか」「軽やか」「マイルド」な魅力が際立つ極美慎さん(*^^*)

愛月さんに憧れている♡その熱視線は、愛月さんファンである私にとってもとても嬉しいものでした(*^^*)そして、その愛月さんから「シャンとしないと!」といったような良い意味で厳しい言葉が飛び出すほど、そろそろ本気で上をめざす時期が来たのかも知れません。

周囲の期待に反して、ご本人はとても謙虚にそしてガツガツと上を目指す!といった気概はあまり感じません。

でも極美さんのマーキューシオをライブ配信で観た時、「やっぱり極美さんすごく光ってる!」と感じた。さりげない仕草や佇まいがとても男らしく(現代的な若い男性像を等身大で演じられるのが魅力!)、すごく目を惹きました♡漂うスター性があるんですよね。

王家に捧ぐ歌では、2番手格が代々演じてきたお役に抜擢!ここから快進撃がはじまるのか、この大きなお役をどう演じられるのかとても気になります。

スター街道まっしぐら!さらに前へ!

天飛華音さん

絶賛応援中の天飛華音さん♡もう、この方は既に3拍子揃った逸材です(*^^*)こんなに下級生の頃から、特定のジェンヌさんに注目しているのは初めて!それくらい、既にでき上がっている部分とさらに上をめざせる伸びしろに、もの凄くワクワクしています!

新人公演ももちろんライブ配信で観劇しましたが、もうね、素敵すぎた(#^^#)

あの立ち回りの激しさにくわえ、太い声で息も切らさず歌うってどういうこと?超人です、本当に。そして、女性に告白されて照れる仕草や無骨なさまが、とても柳生十兵衛に合っていて、その抑えたお芝居にもきゅんときました( *´艸`)

この学年であの色気が出せるってどういうこと?

素顔では可愛い、今風の男子的なカノンくんですが、舞台姿はギラギラしていて大人の香りが漂うところも素敵です♡2022年も大きなお役に出会って、どんどん進化してくれることでしょう!

慕われる人柄×文才がお芝居に反映されるはず!

朱紫令真さん

朱紫さんをお芝居で注目し始めたのは、龍の宮物語の時でした。すごく大人のお役で、こんなに下級生の方が演じられているとは思えないほど落ち着いていた。前半の格式の高い雰囲気、後半のやさぐれた雰囲気…そのギャップもしっかり表現されていて芝居巧者だな、と感じたんです。

でも、朱紫さんのことをよくよく知ったのは、宝塚グラフの連載コーナーなんです。「100期の秘密あかします」この同期コーナーを受け持っていたのが、朱紫さん。

このコーナーを見るのが楽しみで♪文才があって、面白いのに温かくて、ほろりときたり…そして何より、同期皆さんのコメントから彼女のことが大好きで、頼りにしていて…っていうのが伝わってくるんですよ。

12月号では最終回ということもあり、スペシャルバージョン!「逆襲編」と称して( *´艸`)これまで出演したゲストが、朱紫さんへのメッセージを送られています。


宝塚GRAPH(グラフ) 2021年 12 月号 [雑誌]

だって、ゲストはこの方たちですよ!

1月極美慎

2月天彩峰里

3月一之瀬航季

4月桜庭舞

5月華優希

6月蘭尚樹

7月希良々うみ

8月優希しおん

9月風間柚乃

10月音くり寿

11月聖乃あすか

12月星風まどか

ゲストが豪華すぎなんですが、そのひとつひとつを読むほどに、朱紫さんのお人柄を感じる(*^^*)同期に愛されているんだなぁ。

星組で存在感を発揮しつつある男役さん、というだけでなく、各組に散らばった同期の心の拠り所でもあるのでしょう。

そんな心の温かさは、きっとこれからの星組の大きな力となり頼れる存在になるはず!と勝手に想像しています(*^^*)

未知数だからこそ、気になる!

詩ちづるさん

組替えで星組にやってきてくれる詩ちづるさん。すみません。舞空さんの時と同じなのですが、すごくスター性のある方だと思うのですが、これまでの活躍を知りません!なので、未知数の期待があります♪

芸名の「詩ちづる」というお名前、今どきのジェンヌさんにしてはとても古風ですよね。写真だけ見たことがあるのですが、小柄で可憐なイメージがありました。

あ、でもたしか愛月さんの巴里祭に出演されていたような…

はっ!早速観返さなければ!!極美さんやカノンくんと組むことも多い娘役さんなのかな。楽しみです!

星組の層の厚さを感じさせる、中堅どころのスターさんたちも、さぁどんな個性を発揮されるか!愛月ひかるさんが抜けた穴は本当に計り知れない。でも、愛月さんも仰っていたように、これからの星組も応援していきたいと思います(*^^*)

次回はどの組を書こうかな。お付き合いいただけたら嬉しいです。

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです^^

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次
閉じる