居てくれてよかった、「瀬央ゆりあ」の優しさ

専科に異動となった瀬央ゆりあさんが、専科として公式の場に立つ初めてのお仕事。高画質・高音質の上映環境を誇るドルビーシネマ、そして立体音響技術を堪能できるドルビーアトモス「公開記念初日ご挨拶イベント」が無事行われましたね。

あわせて読みたい
専科で輝く第一歩!瀬央ゆりあ『1789』と旅をする 星組の大切な仲間であった瀬央ゆりあさん(せおっち)。『RRR』の主な出演者、そしてポスター画像や公演チラシが発表された時、もしかして…と淡い期待を抱いてせおっち...

この時の模様が、スカイステージにて放映されました。

タカラヅカワンダーランド特別企画「レビューシネマ公開初日ご挨拶イベント~3大都市密着ドキュメント~」たった16分とは思えないほど充実した内容で嬉しかった…!

スカイステージ入っていて良かったぁ…!と心底思った、ホント心和む楽しい番組でした。

あわせて読みたい

まずは、私服のせおっち(マイルドなベージュ系のプルオーバーがすごくおしゃれで好みだった^^)が登場して番組の趣旨を説明、ラフな雰囲気で柔らかくてとってもいい感じ。

素顔でも抜けるほど美しい白肌で、金髪&長めのヘアスタイルも相まって本当に透明感があって、カッコよくてとっても綺麗でした。

東京、愛知、大阪と3都市を一気にまわる強行軍でありながら、せおっちは疲れも見せずいつものせおっちで居てくれて…本当に素敵な人だと思ったなぁ。

ちょっとした言葉の使い方や話し方、動きや表情がとっても思いやりに溢れていて、サービス精神に溢れていて…今の宝塚歌劇のオアシスみたいな人。

映画館での挨拶の様子だけでなく、移動中の様子もコンパクトにでも見応えたっぷりに編集してくれていて、スタッフさんの愛も感じたよね。

3都市を朝早くから巡る旅。お腹をすかせたせおっちが、愛知で「大好物」というあの名物を頬張る姿まで見せてくれてほっこり^^

さらには移動中、待機中にクイズやお絵描きコーナーまでやってくれる(せおっちの絵が素朴で可愛すぎた)せおっちのサービス精神にもう涙でそうでした…(/_;)きっと、未公開シーンもあるはずなので、ぜひ全編放映していただきたい!

せおっちが尊敬する先輩としていつも名前があがる「夢乃聖夏さん」のことも少し話が出て懐かしくて嬉しかったです。柚希礼音時代の星組が大好きだったから、立派に宝塚を背負う専科という立場になったせおっちにも「そのスピリット」が確かに宿っていることが感じられて…なんか、歴史を感じて感動した。

夢乃さんのことを本当に素敵な方で尊敬している、というせおっちの気持ち、これを読むと余計にわかるなぁと思うし、星組がやっぱり大好きだって改めて思うせおっちはもしかすると、夢乃さんと自分を重ねている部分もあるのかもしれないね。

考える人
第8回 夢乃聖夏(前篇) ぶれない星組男役――15歳で人生大転換 | 私、元タカラジェンヌです。 | 早花ま... 合格倍率は約25倍、なるだけでも相当難関な「タカラジェンヌ」という職業がある。青春を捧げ、常に自分を磨き、仲間と競い、舞台に立つ苦しみと喜びの日々から卒業した「彼...

たった16分に、せおっちの優しさを感じて本当に心が温かくなったし、瀬央ゆりあさんが今の宝塚歌劇団に居てくれること、財産だと心から思いました。なんかね、せおっちってミルクティーみたいな人だよね。柔らかくて包み込むような、ほわっとした温もりがある人。

きっとその優しさで、礼真琴さんをはじめ星組の皆を包み込んでいたんだろうなぁ。そしてこれからは、専科として宝塚歌劇全体によい風を吹かせてくれるんだと思う。

あわせて読みたい
なぜ「瀬央ゆりあ」が専科に行くのか。納得できた私的考察 もうすぐ、専科に異動することが決まっている瀬央ゆりあさん。広島出身。私は広島を訪れるたび、「せおっちの故郷かぁ…!」とより広島の風土や人の雰囲気が好きになって...

せおっちのこの番組を観ていても、宝塚ならではの上級生と下級生との絆を感じたし、厳しさのなかに愛が感じられたりフォローがあったり、宝塚全体が報道されているような陰湿で壮絶なものではないと信じたい。

明日11月27日は、ご遺族側から宝塚歌劇団側との協議の結果を公表するとの発表がありましたね。どのような内容が公表されるのか…また宝塚歌劇団に落胆させられない、そんな内容だとよいのですが…。

ご遺族側が少しでも納得される、意味のある協議であったことを願います。

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村

せおっちのインタビューも素敵だったanan

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次