深紅に燃える、幻の星組千秋楽:2022年全国ツアーの輝き

スカイステージで、2022年星組の全国ツアー公演が放映され始めました。

『モンテ・クリスト伯』『Gran Cantante(グラン カンタンテ)!!』

世界中が大変な状況であったあの頃に、戻りたいとは思わない。でももし、時計の針を巻き戻せるなら、2022年のこの作品だけは生で観たかったと本気で思う。

それくらい、あの時の礼真琴さん舞空瞳さん、そして瀬央ゆりあさん、暁千星さん、星組生の皆さんが命を燃やして輝いていた公演でした。

千秋楽の様子をようやくスカイステージで観ることができて、当時ライブ配信で涙を流しながら観たあの光景を思い出しました。

あわせて読みたい
星組全国ツアー公演が中止期間延長:ライブ中継・ライブ配信も中止に… 【星組全国ツアー公演中止期間延長】 星組 全国ツアー公演ミュージカル・プレイ『モンテ・クリスト伯』レビュー・エスパーニャ『Gran Cantante(グラン カンタンテ)!!...
あわせて読みたい
【速報】涙の星組全国ツアー千秋楽! 星組全国ツアー公演の千秋楽をライブ配信で観劇しました。とにかく、今の想いを叫びたい! 詳しいことは、またじっくり語らせてください( ;∀;)なので、今回の呼び名は愛...

闇が深いほどに、芸術はその輝きを増す。

いつか、あるアート番組でそんな言葉を聞いたことがあります。

それから、私にとって芸術の見方が180度変わりました。

辛く苦しい環境、状況だからこそ、たとえようもないほどに美しい芸術作品が生まれてきたという歴史があるそうです。

この2作品は、あまりにもその言葉に当てはまり過ぎて、今でも心が大きく動かされます。

礼真琴さんと舞空瞳さんトップコンビ、そしてあの時の星組だったからこそ、多くの星組の仲間が休演を余儀なくされ、満身創痍だった組の状態でもあんなにもアグレッシブで眩しいばかりの輝きを放ってくれたのだと、改めて画面越しにも伝わってきました。

圧倒的な安心感とクオリティとプロフェッショナルな舞台姿で力強く組を牽引することなこ、そこにせおっちと組替えしてきたばかりのありちゃんがガッチリと双璧になり、有沙瞳、詩ちづるが華やかさと歌声で締める。さらには、さきっぽや都優奈さんなどお芝居でも歌でも大活躍。特にさきっぽのルイジ・ヴァンパが言いようがないほどにカッコ良くて…!組長をはじめとするなつこさん、輝咲さんなど上級生がこれでもかっ!!と作品の質を高みへと引き上げます。

急遽代役となり、本当に大変な公演だったと思います。

あかさんやぴーちゃんなど、この公演に懸ける想いはナウオンで語られていたので、休演は本当に辛かったろうと涙がでます。

でも、そんな想いもまるごと背負って、圧倒的なパワーで組を引っ張り続けた礼真琴さん。どんな時も宝石のように輝く舞空瞳さん、星組生が一丸となっているのがひしひし感じられて、この演目も、このメンバーも今観るからこそ込み上げるものがありました。

実は、大好きななこちゃんが退団発表をされて、ことなこが大好きすぎて、ずっとお2人の主演作品を観れませんでした。でも、ようやく、観ることができたことなこ作品。

数あることなこ作品のなかでも、この全国ツアー公演が特に思い入れがあって大好きです。

どうしよう、こんなにも素敵なお2人が並ぶ姿を観てしまったら、これからこのカタチが変わることが寂しくて辛くてたまらないです。何度も何度も振り切ろうとしても、やっぱり惜しくて辛くて寂しいです。

この2作品を観て、はっきりわかったことがあります。

舞空瞳の隣で礼真琴はどこまでも「精悍」で、礼真琴の隣で舞空瞳はどこまでも「美しい」。

こんなこっちゃんの精悍な表情を引き出すのは、なこちゃんしかいないし、あんなにも凛とした美しさを引き出すのもやっぱりこっちゃんしかいない。

優しく柔らかなこっちゃん、可愛らしく妹気質(よい意味で)のような部分もあるほにゃっとしたなこちゃん。

そんなそれぞれの素顔をぐっと奥にしまって、舞台に立つと最高にカッコいい2人。そんなお2人が心の底から大好きだなぁと、改めて思いました。

プロフェッショナルとして、同じ舞台人として、ある意味対等であるからこそ漂う心地よい緊張感。

そんな素敵なことなこトップコンビの姿をみせてくれてありがとうの気持ちでいっぱい。あんなにも大変だった時期に、全国をまわり元気と勇気と何よりもときめきを届けてくれた礼真琴さん舞空瞳さん、そして星組の皆さんには今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

ラストのパレードで、休演でいない方たちの分まで階段の真ん中で歌い続けたせおっち。

詩ちゃんを見送り、みほちゃんを見送り、片羽根を背負って堂々と3人分くらいの尺を歌い切り階段を降りたせおっち。

圧倒的なオーラで新場面を一手に引き受け、組替え後の星組初ステージを華やかに飾った、ありちゃん。

お2人のあの頼もしさが、今でも忘れられません。

イレギュラー尽くしの千秋楽でした。でも、それでも幕を開けてくれたことに今また感謝の気持ちがあふれてきます。

幻の千秋楽、そしてこのナウオンも本当に宝物。

あれから、あかさんは花組へ行き、せおっちは専科に行き、ぴーちゃんやみほちゃんは退団し、もうすぐなこちゃんも退団してしまう…。

もう二度と見ることのできないあの時だけのメンバー、配役、作品…。

深紅に燃える、儚くてでもいつまでも心のなかで輝く思い出深い全国ツアーでした。

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次