たまちゃぴの新たな魅力。しみじみ良い「カンパニー」

月組のカンパニーを、先入観を持たずじっくり観ました(^^)
全体としては、40歳の私にはぐっと来る場面やセリフも散りばめられていた印象。

(その台詞をタカラジェンヌに…と品性を感じられない場面もあり、違和感をおぼえるところも否めませんが…(>_<))

作品の内容自体は、何かしみじみ良いな~と思う部分もある作品でした(*^^*)


たまちゃぴ(*^^*)ちえねね以来、私が久しぶりにときめいたトップコンビ。ふたりの距離感や関係性がとっても好きだった。こういう抑えたお芝居も魅せられるおふたりでした。


カンパニーの珠城さんは誠実で落ち着いた大人の男性…とてもぴったりなお役、今の宝塚であのお役で「主演」できる人、珠城さんしかいないのでは?と思います。

そして大好きな美弥ちゃん、高野悠と美弥ちゃんがリンクして、どこか切なさも感じさせるけど、たまらなくカッコ良くて大人。本当に素敵な役者さん(#^^#)


他にも適材適所のキャスト、皆とっても良かった(^-^)

特に印象に残ったのは、早乙女わかばさん。

魅力的なお役を自分らしくのびのびと演じられていて、台詞に抑揚もあり凄く良かったです。プリンセス的な役柄のイメージがあったのですが、こういう少し「強い性格」のお役もモノにされていました。

舞台は現代。身近に感じられる世界を舞台にした「カンパニー」。宝塚的な派手さはないけれど、こういう作品もいいなとしみじみ感じました。きっと、一緒に公演された「BADDY」とのバランスが抜群に良かったのも、そう感じた所以でしょうね(*^-^*)またしばらく経って、2作品を観てみようと思います。

よろしければ、「読んだよ!」のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村

スカイステージは、ずっとスカパーで視聴しています(*’▽’)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次