男役「愛月ひかる」が魅せた!:オーソドックスを極めた麗しき『巴里祭』

先日、久しぶりにじっくりと愛月ひかるさんが主演された「巴里祭」をスカイステージで観ました。

愛月ひかるさんのファンなので、やっぱり今でも愛月さんが登場する作品やスカステ番組は嬉しくてたくさん録画してしまいます。

愛月ひかるさんが「専科時代」に主演した貴重な巴里祭。雪組や月組、そして宙組生と共演したとてもスペシャルなものでした。

私が映像で観ることができたのは雪組バージョンだったのですが、これがまたよかったのよ(≧▽≦)

本当に美しいし、クラシカルで、「これぞ宝塚!」な舞台姿、歌声、立ち居振る舞いからは高貴な香りが漂ってくるようでした。

目次

共演者との美しき融合♡

共演者は雪組の妃華ゆきのさん、諏訪さきさん、野々花ひまりさん、縣千さん、(コーラス)月組・詩ちづるさん(のちに星組に!)、七城雅さん、雪組・琴峰紗あらさん、紀城ゆりやさん。

愛月さんと妃華さん、野々花さんの品ある美しさとの融合は本当によかった(*^^*)愛月さんの大人の魅力や品のある舞台姿と本当によく合い、大人っぽくてとても素敵だったんですよね。可憐というよりは、大人っぽく美しさが持ち味の妃華さん、可愛らしいなかに大人っぽさも併せ持つ野々花さん、おふたりはこの巴里祭の華でした。諏訪さんや縣さんも、愛月さんへの「愛」をビシバシぶつけながら男役として光っていましたね~(*^^*)

特に印象に残っているのは、「ファントム」からの1曲だと思うのですが、諏訪さんとストーリー性のある場面を歌い演じられたところは、その短い時間だけでも世界観が広がっていて思わず涙がでました。

思えば愛月さんは、在団中に父親役は数えるほどしか演じられてない気がします。もちろん、王子様、野性的な雄々しい役、孤高のスター役、ヒール役などさまざまな姿を魅せてくれて、本当にどれも素晴らしかった!

でも、このファントムの曲を聴いて、「愛月さんの温かな父親役も見てみたかったなぁ」なんて今更ながら思ってしまいました(*^-^*)だって、自然に生み出される落ち着きと愛情深さが表現されていて本当に素敵だったから。

「宝塚の原点」のような舞台姿を次世代にも

巴里祭がもともと持っている特徴でもありますが、実にクラシカル。愛月さん主演の巴里祭は、まさに「巴里祭のなかの巴里祭!」で持ち味と見事にマッチし、オーソドックスを極めた見応えのあるステージだったんですよね。本当に、心が洗われるような宝塚の香りをふりまいてくれました(#^.^#)

こうして少しの時間ではありましたが、他組の生徒さんと一緒に舞台に立ち、大きな影響を与えて「男役の宝塚の美学」を体現した愛月さん。宝塚の長い歴史のなかでも、これほど品のある伝統的な「宝塚らしい舞台姿」を魅せてくれる、そして「麗しさ」を体現してくれるタカラジェンヌは、そうそう出てきません。あのお衣装の着こなし、一糸乱れぬ美しいリーゼント、スキのないお化粧…もう唸りました(#^.^#)

どんなに時代が移り変わろうと、やっぱりこの「宝塚の原点」のような舞台姿はずっとずっと継承してほしいなぁと強く思います。

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです^^

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次
閉じる