とにかく贅沢!星組「RRR」キャスト別感想

先日の星組「RRR」「ヴィオレトピア」のライブ配信、もう興奮しすぎて、感動しすぎてどこから何を書けばいいのか…といまだに、感想がまとまりません…!

お芝居からショー、そして退団者の挨拶までが全て濃密で、先日のブログに書いたような気持ちにもなって…。ただただ楽しむだけの宝塚歌劇ではなかったのは間違いありません。

あわせて読みたい
涙の「星組」大劇場千秋楽 本日、星組大劇場公演『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)』『VIOLETOPIA(ヴィオレトピア)』千秋楽が無事幕を...

礼真琴さんが、カーテンコールで「楽しんでいただけましたでしょうかっ…!!」と呼び掛けてくれたのですが、今回は「RRR」も「ヴィオレトピア」も「楽しい」という感情よりも、「感動」そして何より「星組がこっちゃんがもっともっと好きになった…!」という感覚でした。

「RRR」は娘役の役柄が少なく、男役も印象的なお役が集約していることもあって、主要キャスト以外は出番が少なめ。でも映画版をリスペクトしつつ、自分らしくアレンジして全力で丁寧に役作りされていて、とても「贅沢」に感じました。

今回は、それぞれのキャストの感想を(おひとりおひとりは短めですが)書かせてください(*^^*)

目次

コムラム・ビーム 礼 真琴

礼真琴さんのビームがとにかく可愛らしくて、「森の民」としての役作りが深くこっちゃんの魅力が凝縮。本当に、愛おしくなるようなビームでした。

ナートゥでは映画版でも印象的だった「首を揺らす」余裕も生まれていて、さらには極美慎さんのジェイクに向けて「もっとこいよ!!」と言わんばかりに、煽る仕草も…(≧▽≦)映画でも、ビームは全力キレッキレながらもどこか愛嬌のあるダンスが魅力でした。こっちゃんも踏襲していましたね。

「コムラムビーム」は、祈りが歌になり、響き渡って素晴らしかったです。

礼真琴さんが演じるビームはとにかくカッコいいし、可愛いし、健気で…こっちゃんらしさが溢れている素敵なビームでした!

ジェニファー(ジェニー) 舞空 瞳

舞空瞳さんは、まさにジェニーそのもの…!ビームのことを心から敬愛しているのを感じる清々しい淑女でした。

これが恋愛とは少し違う「友情」を感じさせるものであったこと、そして、もしかしたらこれから「愛」に変わっていくのかも…と思わせる、その塩梅がとても素敵に演じられていました。

なこちゃんのナートゥは華やかで素敵!ちょっと個性的なお衣装も華やかで可愛らしく着こなしていて流石でした…!

ラスト近くにジェニーのソロ。なこちゃんの歌がとても良くて、私泣いてしまいました。歌詞が心に伝わってきて、なこちゃんのお芝居心がしっかりと歌にのっていて本当に素敵だったなぁ。

A・ラーマ・ラージュ 暁 千星

暁千星さんは、ラーマに本当にぴったり…!こっちゃん演じるビームの兄貴的存在が無理なくて、とてもカッコよかったし、ありちゃんがついに一皮剥けて飛躍を遂げるなと本当に感じました…!

ビームの恋を応援する姿も自然で素敵だったし、何より「軍神」のように覚醒してからのありちゃん、ラストの矢を放つ姿がカッコよすぎてのけぞった…!

いつからこんなにカッコよくなったの?ありちゃん…!お役のテイストもあるけれど、博多座ミーマイで生観劇したときの「フレッシュ感」がいい意味で抜けて、一気に色気が増した感じがしました…!

「RRR」そのほかのキャスト別感想

ほかにも、特に印象に残ったキャストがたくさん!星組の層の厚さを感じさせる贅沢なキャスティングでした!

バッジュ/SINGERRR男 美稀 千種

ちぐさんが舞台上の守り神のように存在してくださっていたことが、「RRR」の世界をより奥行きのあるものにしてくれていたと思います。ちぐさんの歌声って、どんなに素晴らしいシンガーがいても追随できない「重量感」「迫力」「人のぬくもり」を感じるんですよね。

都優奈さんとのコンビでしたが、全く違和感がなく素晴らしかったです…!


ネハ 白妙 なつ

ビームをかくまう優しさと逞しさを感じさせるネハ。「RRR」は女役が少ないこともあって、登場シーンは多くありませんでしたが、ビシッと舞台を引き締めてくれる頼れる存在。相変わらずのよく通る「ええ声」でした。


オム 大輝 真琴

何でも直してしまう主人。ビームを優しく迎え入れてくれる懐の大きさを感じさせてくれました。ちょっとネタバレになりますが、映画ではラーマが毒蛇に噛まれた時にはビームたちが救うのですが、宝塚版ではオムが大活躍…!そんな変更点も納得できるようなオムの「人柄や腕前」がしっかりと描かれている大輝さんの舞台姿でした。


スコット 輝咲 玲央

めちゃくちゃ怖い。そして存在感も体格もとにかく大きい…!

全組探してもスコットは輝咲さん以外考えられない…!というくらいお似合いのお役でした。映画版よりはややマイルドであったものの、凄味、迫力は満点!生観劇が楽しみになります(*’▽’)


ヴェンカテシュワルル ひろ香 祐

ありちゃん演じるラーマとともに、志を果たそうと奮闘するヴェンカテシュワルル。そう言えば、「ディミトリ」のときもこりんちゃんとありちゃんは、同志の役でしたよね。舞台上だけでなく稽古場でも、ありちゃんの傍らでいつも見守っているのかな、と感じられる大きさ、温かさを感じました。


ロキ 紫 りら

「RRR」の冒頭シーン、とても大切なシーンを一手に引き受けるのが紫りらさん演じるロキ。イギリス側に娘を連れていかれてしまい、そのうえ暴力を振るわれ大けがを負うロキ。悲しい切ない、言葉にならない憤りを一瞬で表現しなければならない難しいお役。

インドのなかでも森の民であるからなのか、こっちゃん演じるビームもりらちゃん演じるロキも「首をゆらゆら揺らす」んですよね。これが、映画でもとても印象的だったのですが、りらちゃんもちゃんと「首をゆらゆら」していて凄い…!と感動してしまいました。細かなところまで映画をリスペクトしていて迫真のお芝居に冒頭からすでに涙でした。


ヴェンカタ 朝水 りょう

「RRR」宝塚版で、私が心のなかで勝手に「映画版のヴィジュアル再現率ナンバー1」を差し上げたくなったのが、ありちゃん演じるラーマの父「ヴェンカタ」を演じる朝水りょうさん。

映画版でも、渋くてカッコいい俳優さんが演じられていましたが、その風貌をメイクや佇まいでとても表現されていて、すごーーーーーーーーーく研究されたのが伝わってきました(/_;)

映画から飛び出してきたのかな?というくらい忠実だったと思う!短い出番のお役ではありますが、とてもとても大切なシーンなので、生観劇では心して観させていただきます!!


ペッダイヤ 天華 えま

いつもこっちゃんとともに星組で走ってくれてた天華えまさん。最後の作品となる「RRR」でもこっちゃんとずっと行動を共にする志を共にするお役で、グッときました。

ぴーちゃんの演じるペッダイヤは仲間のなかでも兄貴分で落ち着いていて、派手なお役ではありませんがとても大切なポジションだと思います。ナートゥでは一緒に弾けて踊っていて、観ているこちらも嬉しくなりました…!


FIRRRE男 夕渚 りょうFIRRRE女 鳳花 るりな

火を操る精霊のようなお役。ダイナミックで迫力のあるダンスが持ち味の夕渚さん、鳳花さんにぴったり!鋭い眼光、言葉はなくても圧倒的な存在感で、作品の迫力をさらに倍増してくれていたパッション溢れるダンサーたちでした!


キャサリン 小桜 ほのか

怖い…!映画版でも最も残酷でヒール役だったスコットの妻キャサリン。でもほのかちゃんが演じると、怖いだけではなく気品と華やかさが溢れていて魅力のある役作りをされていました。

パーティでは持ち前の美声を響かせてくれて、やっぱり星組にとって欠かせない歌姫であり、大女優を思わせる「エレガントさ」はピカ一。本当に貴重な娘役さんだと思います。

WATERRR男 希沙 薫 WATERRR女 水乃 ゆり

火に対抗して水を操るダンサー。希沙さんとゆりちゃんのアクロバティックなダンスも度肝抜かれるし、迫力があるのにどこか清廉で静謐でとても雰囲気のあるおふたり。

さらに、ヘアメイクの美しさも目を惹きました。本当に、このお2人は星組屈指のダンサーですね。


ジェイク 極美 慎

かりんちゃん、ジェイクが似合いすぎ(≧▽≦)なこちゃん演じるジェニーを想う気持ちは本物なんだろうけれど、英国紳士としてのプライドがちょっと鼻に付く(褒めてます)そんなところも上手に演じられていました。

ラストに向けてビームたちに協力して「ジェニーのためだ」とジェニーと行動をともにするところも、なんか可愛かった(*^^*)なこちゃんとの並びも美しかったです。

ジャング 天飛 華音

こっちゃん演じるビームの仲間、パッション溢れるお芝居はやはりこっちゃんの「直系」という感じ…!

こっちゃんのそばで、たくさんのことをこの作品でも学んでいるんだろうなぁ。絶賛応援中のカノンくん。この作品ではそう出番は多くありませんでしたが、これから飛躍するためにたくさんのことを吸収されている時だろうと思います。


SINGERRR女 都 優奈

福岡県出身!地元からこんなに素敵なシンガー、タカラジェンヌが誕生していることが本当に嬉しい!ちぐさんとのコンビも全く違和感なく、大迫力の歌声…!

谷先生の適材適所のキャスティングに、本当に唸ります!これからも、もっともっと歌声を轟かせてほしい!!星組の、いや宝塚全体でも貴重なシンガーだと思います。


ロバート 鳳真 斗愛

こっちゃん演じるビームを言いがかりをつけて痛めつけるロバート。もえかちゃんの可愛らしさ、素の人柄の良さを思うとギャップなのですが、めちゃくちゃ怖かった…!

こういう凄味のあるお役がとても似合う男役さん。面白い、も持ち味だけれど、実は凄くスケールの大きな男役さんだと今回もすごく感じました!!


マッリ 瑠璃 花夏

宝塚版「RRR」で、最も映画版に近い雰囲気を感じたのがマッリを演じるるりはなちゃん。もうめちゃくちゃに歌が素晴らしくて映画版から飛び出してきたかというくらいの澄んだ歌声でした。

お芝居もとても心に迫ってきてビームに助けを求めるところなんて「ほんと、巧いねぇ…るりはなちゃん」と思わず声が漏れた。もっと出番があればいいのに…と思うほど、とても素晴らしいマッリでした。


シータ 詩 ちづる

映画版よりも少し出番は少ないものの、ありちゃん演じるラーマの許嫁で、ラストに向けてキーパーソンになるシータ。詩ちゃんの雰囲気に合っていたと思います。ありちゃんとの並びもよかったです。


ラッチュ 稀惺 かずと

こっちゃん演じるビームの弟、ラッチュはこの作品のなかでも要所要所でキーパーソンになるお役だったのでなかなか苦戦されたと思います。

でも、やはりカノンちゃん同様にこっちゃんのパッションを受け継ぐ存在だなぁと感じました。フレッシュさはまだまだ感じますが、これからがとても楽しみな男役さん。こっちゃんの近くでたくさんのことを学ばれていることでしょう。

感想を書けていないキャストも素晴らしい!

ここに挙げきれなかったキャストの皆さんも、誰一人欠けてはならない、素晴らしい役作り!本当にクオリティが高くて真摯で感動しました。生観劇では、画面では映りきれなかった隅から隅まで堪能させてもらいます!!

1時間半なのに「エッタラジェンダ」まであった…!!

あれだけ長い映画を1時間半にまとめただけでなく、ラストはエンディングテーマ的な「エッタラジェンダ」まで皆で歌ってくれて凄かった…!猛獣シーンや独房のシーンなど、ところどころは潔くカットされていたのも◎

舞台では表現が難しいシーンは無理にやらない方がよいと思ったので、過不足なくとても素晴らしい構成だったと思いました!そして、ラストのエッタラジェンダがあったのも満足度をさらにアップさせてくれて嬉しかった(≧▽≦)

ラストで、互いの想い人じゃなくて、こっちゃんとありちゃんが肩を組んではけていったのもよかったです。

この作品は「使命」「友情」を描きたかったんだなぁと凄く伝わってきたし、1本しっかりと筋が通っていました。

やっぱり谷貴矢先生は裏切らない…!なんて言うとプレッシャーをかけているようですが、そうではなくて、これからも谷先生には自由に素敵な作品を創っていただきたいなぁと宝塚の一ファンとして凄く思いました!

楽しい、もあるけれど、根底には深い深い想いが込められた作品。それを丁寧に真摯に創り上げた星組が愛おしくなったし、生観劇がさらにさらに楽しみになりました…!

こんなにハードな作品が2公演の日もあるなんて…(;_;)とにかく健康第一で元気に過ごしてほしいと願うばかりです。星組大好きだーーーーー!!!と思った素晴らしい作品でした!!

よろしければ、「読んだよ!」のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次