花組開幕!「柚香光、星風まどか」怒涛のリリースラッシュ…!

花組ミュージカル『アルカンシェル』~パリに架かる虹~が、ついに開幕しました。

2月9日、初日おめでとうございます!!

目次

『アルカンシェル』は、観たい「柚香光」がつまってる!?

ポスター画像の美しさにハッと目を奪われたものの、どのようなストーリーなのか、稽古場情報を観てもイマイチつかめなかった「アルカンシェル」。

ようやく、稽古場の様子も放映されてれいちゃんとまどかちゃんのやり取り、そしてれいちゃんとひとこちゃん(永久輝せあさん)の並びを観て、「れいまど」トップコンビの集大成を改めて感じました。

次期トップスター、そして次期トップ娘役が発表されて、現役のトップコンビ、次期トップコンビが揃う貴重な公演。よりゴージャスでこれまで以上に華やかな舞台になるのかな、と予想しています。

Xでの観劇された方々の感想を拝見すると、評判は上々…!

れいちゃんの退団公演にふさわしく、「観たいれいちゃんがつまってる」という感想が多いように感じました(*^^*)そして、戦時下と今の宝塚、それを重ねて観ることもできるストーリーのよう。

とにかく、初日映像が待ち遠しいです…!

れいまどトップコンビも早3年

思い返せば、れいまどトップコンビが走り始めてから約3年なのですね。

もっともっと長くコンビを組んでいるかのような、自然体でなじんだ雰囲気。私は、2021年11 – 2022年2月、『元禄バロックロック』がれいまどコンビで一番好きな作品なのですが、この頃からぐっとまどかちゃんが美しくなったのを思い出します。

あわせて読みたい
「花組」が魅せた宝塚の新たな可能性!:『元禄バロックロック』 花組さんの作品は、あまり観る機会がなかったのですが、2022年7月19日にBSプレミアムで放映されたのをきっかけに、ずっと気になっていたこの作品を観ることができました...

これまでにない、大人っぽさや艶やかさがくわわって、とても幸せそうな笑顔がはじけていました。れいまどが、プライベートでも一緒に居ることが多く仲良し、というのは以前スカイステージの番組でもご本人たちも話されていましたね。

花組トップコンビ、怒涛のリリースラッシュ…!

そうそう、「歌劇」2月号の表紙は星風まどかさん。久しぶりのトップ娘役の表紙です。

鋭い目線できりっとした表情。巻頭のポートのポーズも男役さんのようでカッコよかったです!新たな扉を開くような、ゴージャス感のある仕上がりが素敵でした。

柚香光さんの10年を語るコーナーもあって、れいまどコンビのファンの方々にはたまらない一冊ですね。

ananのスペシャルエディションでは、柚香光さんが表紙…!ほかにも、次々におふたりにちなんだグッズやイベントが企画されています。

宝塚の殿堂では、特別企画展「Memories of 柚香光」が開催されているのですね(*’▽’)

宝塚歌劇公式ホームページ

ファンの方にはたまらない、花組トップスター・柚香光の軌跡をまとめたメモリアルブックも発売!

さらには、Culmination Rei YUZUKA -history of songs in 2012~2023-れいちゃんのCDBOXも…!

ミュージックサロン、ディナーショーも…!

大劇場公演を迎えたばかりですが、すでに、まどかちゃんのミューサロとれいちゃんのディナーショーも発表されています。大劇場公演のお稽古もスケジュールが押しに押していたと思いますが、これらの準備も少しずつ始まっているのかもしれません。

退団する人気トップコンビというのは、本当に怒涛の忙しさなのでしょうね。止まっていた時間を取り戻すかのようなリリースラッシュに、れいちゃん、まどかちゃんに負担がかかりすぎないか気になります…。

<タイトル>
『星ノ円居夜(ほしのまどいよ)』

<構成・演出>
谷 貴矢

<出演者>
(花組)星風 まどか
泉 まいら、涼葉 まれ、希波 らいと   

宝塚歌劇公式ホームページ

<タイトル>
『expression!』

<構成・演出>
小柳 奈穂子

<出演者>
(花組)柚香 光
咲乃 深音、詩希 すみれ   

宝塚歌劇公式ホームページ

いずれも、縁のある演出家の先生が担当されるのですね。どちらの先生も、生徒さんの魅力を最大限生かすのに長けた方々なので、期待が高まります。

退団は寂しいですが、柚香光さん、星風まどかさん、退団者の皆さんがラストステージを元気に、そして幸せな気持ちで過ごしてほしいなと心から願っています。

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次