葛藤と本当の気持ち。「星組」最新動画とキャストボイス

宝塚歌劇Pocket、宝塚歌劇団の公式アプリで日々さまざまなお知らせがこのアプリを通して発信されています。

最近では、心がぐっとなる辛いお知らせばかりが続いていましたが、星組ファンには嬉しい動画やコメントが続々届き始めました。

ご遺族側のお気持ちが十分に汲まれていないなか、宝塚が本格的に大劇場公演などをスタートさせても大丈夫なのか、宝塚ファンとして複雑な思いもあります…。

でもやっぱり大好きな礼真琴さん舞空瞳さんの最新の(いつ頃撮影されたかわかりませんが…)「動く姿」はもう、本当に嬉しくて嬉しくてたまらなかった。待ってたよ、こっちゃん(/_;)

あわせて読みたい
「礼真琴」最新の声と「舞空瞳」本領発揮 大好きな舞空瞳さんが、タカラヅカニュースの「おしゃれのヒミツ」、宝塚GRAPHの同期コーナーに登場。そして、ついについに…礼真琴さんの最新の肉声を「RRR」のPR動画で...

こっちゃんは画像で見るよりもさらにカッコよくて、なこちゃんは貫録を感じるほどの美しさでした(/_;)

暁千星さんの軍服姿も決まっていて、豪華で世界観のあるお衣装を纏った3人の様子から星組公演がやっぱり楽しみになりました。

そして、さらに今の星組の様子が手に取るように伝わってきたのが、天飛華音さんと詩ちづるさんのキャストボイス。

かのんちゃんは、絶賛応援中の期待の若手スター!先日のバウ公演のライブ配信は観ることができなかったのですが、後日タカラヅカニュースで観たかのんちゃんの挨拶、あの覚悟を感じる素晴らしい挨拶に涙が溢れました。詩ちゃんも、少女のような可憐さが持ち味ですが落ち着いた雰囲気もあり素敵でした。

キャストボイスでは、かのんちゃんはRRRのことを、詩ちゃんはショーのことを紹介していてこういうところでもコンビネーション抜群!思った以上にこのお2人の並びはいいなぁと思っています。

かのんちゃんのキャストボイスからは、「元気そう?」「元気…でいてくれてるのかも?」と思える雰囲気を感じてほっとした。かのんちゃんは、あの一番辛い時期に宝塚の地で舞台に立っていたこともありとても心配でしたが、杞憂でした。

もちろん、心の中では葛藤や辛さが渦巻いていたと思いますが、舞台姿は本当に力強くて清々しさすら感じた…。あの覚悟は、本物だと思った。鹿児島から出てきて、宝塚に憧れてこの場所にやってきた。

尊敬する礼真琴さんの背中を必死に追う姿は、本当に眩しくてカッコいい。次世代を担う一人に必ずやなるであろうことを感じさせます。

詩ちゃんのキャストボイスを読んで、あの短い文章のなかにさまざまなトピックスが盛り込まれていてとても聡明な方だなぁと感じたし、ショーのイメージが一気に膨らんだ。

そして文章から、絵文字などからも「前向きに邁進する姿」を感じさせて、もちろん今回のことは心に深く刻まれているだろうけれど、どこかふっ切れて星組が前進していることをイメージさせた。

大好きなことなこコンビ、そして星組の新作が心の底から楽しみです。でも何も解決していない今、こんな風に宝塚歌劇の幕が開くことを願っていいのだろうか…と私自身も葛藤があります。

きっと星組生の方たちにも、葛藤があると思います。もしかすると、ご遺族側とのお話し合いが良い方向に行くまで、解決だと言える状態になるまで舞台の幕を上げない方がよい、という意見もあるのかもしれません。

あわせて読みたい
「宝塚歌劇団」が、本当に守るべきもの 音月桂さんの音月桂サヨナラ特別番組「KISEKI」が、スカイステージで再放送されていました。 改めて、その軌跡を映像とご本人のインタビューで紐解いていくと、本当に雪...

それでも、自己研鑽し新しい作品に向けて前進している。ことなこコンビ、そして星組生の皆さんがきっと元気にお稽古していると思うだけで、やっぱりほっとするし心の中に火がともる感じがする。

それと同時に、不安定な状態でお稽古し続ける彼女たちの気持ちを思うと、辛くもなる。

ここを行ったり来たりする毎日ですが、やっぱりかのんちゃんと詩ちゃんのキャストボイスは、私に力をくれました。さきっぽの休演も決定しており、とても悲しくて寂しいですが、星組生が少しでも前向きに元気に過ごしてくれていたらいいな…。

次から次に、宝塚歌劇の内情を暴く勢いで、さまざまな情報が発信されます。その情報の真偽のほどはわかりません。ですが、あまりにもリアリティのある描写や表現に言葉をなくしてしまいます…。

今はもう、膿が出続けている状態、この状態はまだまだ続くでしょう。

宝塚歌劇から離れてしまう人も居るでしょう。

それほど、落胆するような情報が次々に発信されています。

それでも礼真琴さん舞空瞳さんのことなこコンビが泣ける程好きだしやっぱり星組が好き

そんな葛藤と好きな気持ちがせめぎ合うけれど…。

だから私はただ、大好きな人たちが「幸せな気持ちで舞台に立てる日」が来るのを待つだけ。

それだけです。

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次