「舞空瞳」の覚悟と飛躍。『博多の地』から一筋の光を

今日、明日はいよいよ博多座『ミーマイ』ライブ配信ですね!!

博多座を訪れた方、博多座に想いを飛ばし続けられた方、私のブログやSNSをご覧くださっている方のなかにも、「博多座には行けなかったけれど、ライブ配信を楽しみにしている!」という方がたくさんいらっしゃいました。

こうして星組ミーマイチームが止まることなく、公演を続けてこられたこと…。改めて本当に奇跡のようなことだし、それが我が地元だということも有難く嬉しい日々です。

前回の記事にも書きましたが、星組ファンだから言うのではないのですが…。

この作品は、「今だからこそ」たくさんの方に届くのではないかな…と思います。

今回のことで、宝塚から気持ちが離れてしまった方もいらっしゃるでしょう。

本当は好きで堪らないのに、宝塚歌劇を観ることに何となく抵抗感がある方もいらっしゃるでしょう。

そういう距離ができてしまうのは、自然なことだと思います。だから、いつかまた「観たいな」と自然に思えた時に「帰ってくる」というのも全然アリだと私は思います。

でも好きだからこそ私は、観劇を止めなかった。そういう方も多いと思います。

葛藤はありながらも、4年ぶりに劇場に足を運んだ。

そうしたら、自分のなかの葛藤とか一瞬の迷いが吹き飛ぶ思いだった。

考えがクリアになったというか。

考えがシンプルになったというか…。

だから、もし宝塚歌劇を好きなあまりに今あなたが、宝塚歌劇を観ることに迷いが生じているのなら…。星組『ミーマイ』を観て自分の気持ちがどのように動くのか…感じてみてもいいのかもしれません。

それくらい、ミーマイチームの輝きや熱さ、そして舞台に懸ける想いは本当に素晴らしく、私は心動かされました。

目次

大好きな舞空瞳さんが、いきいきと躍動する舞台

今回の星組『ミーマイ』は役替わりが注目されていますが、実は主演級に大活躍しているのが舞空瞳さん!大好きななこちゃんが、こんなにも輝く作品を地元博多座でこんなにも長く公演してくれていること…感謝しかありません(/_;)

なこちゃんがずっと大好きだったミーマイ。演じたかったサリー。

どんなにガサツに振舞っても可愛げがあって、決して下品になりすぎないその塩梅が、なこちゃんならでは…!

「顎ソング」の「考えてみりゃ、っだらないことだ~」の「くっ」ところに、めちゃくちゃサリーの心情が滲んでいて毎回泣きそうになる。

なこちゃんのサリーはお役への溢れる愛を感じるし、なこちゃんはこの時なこちゃんじゃなくて「完全にサリー」なんですよね。そして、終始舞台上で頼もしさが半端ではなくて、無条件に「カッコよかった」。

あわせて読みたい
やっぱり、観劇してよかった…。星組博多座公演『ミー&マイガール』 ​​​​​​​大激震が走った、10月20日の宝塚歌劇団からのお知らせ。 多くの公演が時を止めることとなりました…。 宙組宝塚大劇場公演につきましては、残りの全日程を中止組...

トップ娘役がこんなにも輝く作品、演出であることに感謝の気持ちが溢れました。礼真琴が宿る、舞空瞳がたまらなく愛おしくて、カッコよくて、泣ける程感動した。

私は、この作品でずっと大好きな舞空瞳さんを生で観劇することができて、なこちゃんの背負うものの大きさとそれに対する覚悟と、そしてさらなる飛躍を感じたんです。

観劇した2公演とも、あえてオペラを使わずなこちゃんをずっと肉眼で追っていました。涙が光るところも、笑顔が花開くところも、表情がコロコロ変わるところも…しっかりと見つめることができて思った。

なこちゃんは、心の底からこの舞台を愛しているし、星組を愛しているし、宝塚歌劇に懸けているんだなぁって…。

礼真琴さんが不在の星組で、舞空瞳としてどうすべきなのか、そして今このような時期に公演することへの重圧もあったことでしょう。

でも、なこちゃんのなかにこっちゃんのスピリットがしっかりと宿っていて、決して動じず舞台に集中しているさまが感じ取れました。

サリーを心から楽しんで、舞台に立てる喜びを体いっぱいで表現していた。

どんなアドリブにも、ちゃんとサリーで応えるし、全力でサリーを駆け抜けた後のフィナーレでは、渾身のダルマ姿で全部持ってく位の勢いで宝塚歌劇の凄味を魅せてつけてくれる。

今回の公演で大好きな礼真琴さんに会えなかったことは、やっぱりどこかでずっと引っ掛かり続けていましたが、「舞空瞳に礼真琴を感じる」ことができたから、心がぐっと落ち着きました。

そんな頼もしい姿をこっちゃんにも、どこかで観てもらえていたらいいね、なこちゃん(*^^*)

あわせて読みたい
4年ぶりの宝塚「生」観劇に、感涙…!そして、ついに会えた「舞空瞳さん」 このブログを長く読んでくださっている方はご存じかと思うのですが…。 毎日のように宝塚のこと、ことなこのことをブログに書いている私ですが、2019年の宝塚歌劇、博多...

暁千星さんビルバージョン:10月28日(土) 配信開始:15:00 開演予定:15:30

本日、15:30~配信されるのは、ありちゃんバージョン!私も、視聴予約しました。ありちゃんの溌剌とした可愛いビル、そして色気と渋さで釘付けだったマイティのジョン卿…お髭が超絶似合うマイティを観られるのがとても楽しみ!

ありちゃんを中心に、キャスト皆が躍動する舞台に心の底から感動した!皆が自分のお役を全力で生きていて、それがとても魅力的で「誰一人欠けることはできない」ということを、本当に感じた舞台でした。

私が初回に観劇したのはありちゃんバージョンでした。感想はこちらです^^

あわせて読みたい
皆が主役!星組 博多座『ミーマイ』感想【暁ビルVer.】 昨日は、月組さんの再開とマギーさんのインスタライブについて書きました。改めて宝塚歌劇を愛する人たちは数えきれないほどいらっしゃること、そして様々な意見や考え...

水美舞斗さんビルバージョン:10月29日(日) 配信開始:15:00 開演予定:15:30

明日、開催されるライブ配信はマイティバージョン!今回の公演で、私は初めて主演級で活躍するマイティを生で観劇して、ホント魅力的な方だなぁと思いました。真ん中オーラが凄かったし、安心感、包容力という意味で群を抜いている存在でした。

マイティのファンの方も博多座にたくさん来られていて、マイティが星組出演してくれたことをきっかけに、マイティファンの方が星組の魅力にも触れてくださったことに何だか勝手に嬉しくなりました^^

あわせて読みたい
数々の公演中止、「今日」の星組『ミーマイ』【水美ビルVer.】 博多座のミーマイは、止まることなく公演が続いています。水美舞斗さんビルのバージョンを初めて観劇してきました。やはり満席で、遠征の方も多数、そして学生さんたち...

いよいよ、ライブ配信が始まる!

博多座公演も、本日のライブ配信を含め残すところあと8公演となりました。

今も、マチネが公演されていますね。

ぐっと冷え込んだ福岡。博多座のxではないけれど曇り空から時々太陽が顔をのぞかせる「ランベス日和」です。私が観劇したころは薄手のトップスで十分な暖かさでしたが、千秋楽真近の今は薄手のアウターが必要になるほどの秋めいた気候になりました。

昔から、私にとって博多座は、そして宝塚の舞台はやはり「パワースポット」。

今日、この場所から全国に配信される星組『ミーマイ』が、宝塚歌劇の一筋の光となることを願っています。

よろしければ、「読んだよ!」のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次