数々の公演中止、「今日」の星組『ミーマイ』【水美ビルVer.】

博多座のミーマイは、止まることなく公演が続いています。水美舞斗さんビルのバージョンを初めて観劇してきました。やはり満席で、遠征の方も多数、そして学生さんたちもたくさん観に来られていました。(地元の高校生かな?)

幸運にも暁千星さんビルバージョン、そして水美舞斗さんビルバージョンを観劇できて、どちらのバージョンのよさも感じられ、地元我がホーム「博多座」での4年ぶりの観劇は本当に充実したものになりました。

あわせて読みたい
皆が主役!星組 博多座『ミーマイ』感想【暁ビルVer.】 昨日は、月組さんの再開とマギーさんのインスタライブについて書きました。改めて宝塚歌劇を愛する人たちは数えきれないほどいらっしゃること、そして様々な意見や考え...

夢見心地でミーマイ1幕目を観て、ランベスウォークの客席降りで大興奮して幕間に…。

ふと携帯のLINEを確認すると思わず声が漏れた…。

  • 宙組宝塚大劇場公演につきましては、残りの全日程を中止
  • 組宝塚大劇場公演につきましては、11月23日までの公演を中止
  • 『タカラヅカスペシャル2023』開催を見送り

一気に、数々の公演中止のお知らせが来ていました…。

色んな気持ちが渦巻きました…。

これだけの公演中止は、切ないですね…。

ですが致し方ないでしょう。

生徒さん、スタッフの方々の心身が整うこと、そして観客側も安心して観劇できる環境が整うこと…、それが最優先。宝塚歌劇が本当に生まれ変わるためには、時間が必要だということも分かります。

そう思うとこの幕間の後、またミーマイの幕が上がることが本当に有難くて貴重で…一瞬一瞬を大切に観よう、心から熱い拍手を送ろう!!!!と改めて思いました。

あわせて読みたい
4年ぶりの宝塚「生」観劇に、感涙…!そして、ついに会えた「舞空瞳さん」 このブログを長く読んでくださっている方はご存じかと思うのですが…。 毎日のように宝塚のこと、ことなこのことをブログに書いている私ですが、2019年の宝塚歌劇、博多...

幕間のロビーは溢れかえるほどの人。さっきの学生さんたちのなかにはミーマイ風のステップを踏む子もいて…きっと初めて宝塚歌劇を観たんだろうなという男子学生さん、主題歌を鼻歌で口ずさむ女性、プログラムやブロマイドを買うための長蛇の列…。何も変わらない、明るい宝塚歌劇幕間の風景…。でも、これも当たり前じゃない。こうして、星組とマイティが博多座まで来てくれたから生まれた奇跡のような場所なんだ。

そう思うと、何かまた泣けてきた。

今日も、マイティと星組生たちは皆元気で、日にちも経ってきたからか余裕を感じられました。

星組生、そしてマイティの耳にもこの公演中止の知らせは届いているでしょう。そのような中でも、「タカラジェンヌ」は今日も舞台で輝いていた…。

色んな気持ちを抱えながらも、こうして元気な舞台をみせてくれていることに感謝の気持ちを込めて、今日の博多座の感想書きたいと思います。

目次

緩急のあるお芝居で魅せた「マイティ」のビル

大人の魅力でジョン卿を演じたマイティですが、ビルになるととってもキュート。

もしかすると、ありちゃんバージョンよりも、ビルの若さやキュートさが際立っていたかもしれません。ありちゃんバージョン、マイティバージョン1回ずつの観劇なので、それぞれのバージョンのなかでの進化はわからないのですが、マイティの今日のビルは、かなりアドリブ多めだったな、という印象でした…!

マイティは、いい意味で遊びの部分も持ちつつビルというお役をとても楽しんでいるように思えたし、こけてしまうなどのアクシデント(おそらくお芝居じゃなさそう…)も、違和感なく「ビル」で乗り切っていて…。そういうアクシデントや、マイティが仕掛けるアドリブに合わせてなこちゃん始め、小桜ほのかさん、星組生の方々が自分のお役のなかでお芝居を変えているのも、肝が据わっていて改めて凄いなぁと思いました。

マイティのビルは、普段は可愛くちょっと幼い雰囲気もあるけれど、サリーを引き留めるところはお顔が真っ赤になるくらい渾身のお芝居で、涙声で凄く感情を込めて演じられていて、こちらまで涙が溢れた…。

マイティのラストシーンも、すごくよかった。

大好きだからこそ涙を浮かべながら怒っての「こぉのやろおーーーー!!!どこに行っていやがった!!!」(台詞はニュアンス)が素晴らし過ぎて、それを受けてのなこちゃんの「ビルーーーーーーー!!!」も涙声で凄くぐっときた(/_;)

マイティビルの、なこちゃんサリーを抱きしめる手の仕草まで優しかったね。抱きしめた時の安堵と幸福感のあるマイティの表情が忘れられません。

大人の雰囲気がしっかり表現されていた、「ありちゃん」のジョン卿

ありちゃんは、フレッシュさや可愛らしさが持ち味でもあるけれど、こういった渋い大人の男性役もとても素敵で、ビルもジョン卿も甲乙つけがたいくらい似合っていました。

うっかり懐中時計を落としてしまっても、そのちょっとしたアクシデントをジョン卿らしく乗り切っていたし、落ち着いた物腰や太く低い声がとても大人の男役を醸し出していてカッコよかったです。また、こういう大人のお役も観てみたいなぁと思いました。

「ぐるぐる」のお歌のところも、マイティとのコンビネーションが凄くよくて、微笑ましくて好きなシーンになったなぁ。そしてジョン卿を無理なく演じるありちゃんを観て、ありちゃんの声は、本当に男役として魅力的で大いなる武器だなぁと改めて感じました。

もちろん、マイティやありちゃん以外のキャストの方たちも素晴らしくて…!感想はこちらに書いています(/_;)

あわせて読みたい
皆が主役!星組 博多座『ミーマイ』感想【暁ビルVer.】 昨日は、月組さんの再開とマギーさんのインスタライブについて書きました。改めて宝塚歌劇を愛する人たちは数えきれないほどいらっしゃること、そして様々な意見や考え...

「舞空瞳タイム!!」贅沢過ぎるフィナーレ

フィナーレは、短いながらも宝塚の素敵なところをギュッと凝縮したような構成で感涙もの。天華×小桜コンビの美声で楽しいフィナーレの幕開けを、暁×極美のドキドキするような大人のダンスでグッと締めてくれました。

そして、極めつけは今回唯一の丸く豪華な羽根を背負ってのなこちゃんダルマ姿!!舞空瞳タイムの幕開け!!

ネタバレになるので、今はまだお衣装や詳細は控えますが、もう本当にカッコよくて「こんななこちゃん観たかった!!!」と叫びたいくらい、めちゃくちゃよかったです!娘役、それも大人の雰囲気を湛えたロケットは見応え十分で感動しました!

さらに、マイティ×ありちゃんを中心とした群舞も素敵すぎ…。ため息が出るほどカッコいい男役群舞にも唸りました。そしてなこちゃんが1人で大階段に登場し、しばらく一人きりで踊るデュエットダンス…。

このシーンが生まれたこと自体に、『娘役トップスター舞空瞳』への敬意を感じて涙が溢れてきた…。

マイティが登場してからは、ミーマイの世界が戻ってきて舞空瞳ではなく「サリーとビル」になって幸せなハッピーエンドとなったのでした(/_;)

お芝居の続き、豪華なパレード

白妙副組長の本領発揮の超美声エトワールに始まり、それぞれのお役でパレード!3カップルのウェディング姿も豪華で幸せなオーラが溢れていました!

なんかもう、宝塚が観れたという感動に改めて涙が出てしまって、ハンカチで目を押さえながら舞台を観ていたら、何となく…何となく、小桜ほのかさんがずっとこちらを優しい眼差しで見てくれていたような気がして…。勝手に、舞台と客席が一体になったようなその場に生まれた空気感、心の交流を感じてしまってそれにも感動しました…(/_;)

前回のありちゃんバージョンのカーテンコールでは、ランベスウォークの振り付け講座^^おかげで、私も踊れるようになりました^^(でも今日は発揮できんやった^^、夢中で手拍子するのが精いっぱい…!)

今回のマイティバージョンでは、博多座ミーマイ始まって以来初めての「雨」ということもあり、そのことに触れられていましたが、お話しが続かなくなりそうになったら、すぐ天華えまさんに「ジェラルドに助けてもらおう」って話を振ったりされていて…。

マイティがとても星組になじんでいることを感じたし、マイティとありちゃんがビルとジョン卿を役替わりしても、なこちゃんはじめ星組生は1つのお役を全うされているので、新鮮さのなかに安定感がありました。

宝塚歌劇が存続していくための時間…

宝塚歌劇は現在、星組の博多座ミーマイチーム、星組バウ天飛華音さんチーム、そして月組東京公演(代役多数)チーム、この3チームが公演されています。まずはこの公演が、安全に心身ともに健康に完走されますように…。

宝塚歌劇団が存続していくために、今とても大切な時期であることをひしひし感じます。情報の錯綜、それによる混乱、調査の行方、宝塚歌劇団の在り方が根本から問われています。

劇場に居て、なこちゃんがマイティがありちゃんが、星組生の皆さんが目の前でキラキラ輝いていて、客席からは笑い声が上がったり、元気な手拍子が起こったり…。そんな温かい空間に居ると、一瞬、宝塚歌劇団が置かれている状況が遥遠くに感じられて、信じられない気持ちになる…。

でも、この出来事は決して忘れてはならない、そして有耶無耶にしてはならないこと。

宝塚歌劇が存続するために、必要な時間。よき方向へと生まれ変わるための時間だと信じて待ちます。

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメント一覧 (2件)

  • naomiさん 20日 博多座観劇されたのですね〜なんと偶然っ!!! 私も観劇してました❣ マイティ 最━━ヽ(*´∀`*)ノ━━高でしたね♡ 客席降りで (´,,•ω•,,`)キュンキュン♡し なんだかとても久しぶりのような感覚でした。ジェンヌのみなさんも きっと色々な思いがあると思います…が キラキラと笑顔で舞台に立つみなさんを見て こみ上げるモノがありました(ó﹏ò。) 私自身 心から舞台を楽しめるのか…と不安もありましたが やっぱり 生の舞台はいい❣最高にHappyなミュージカルと ジェンヌのみなさんから パワーを戴いた気がします(⁎ᵕᴗᵕ⁎) 幕間に知った 公演中止のお知らせ…そして 忘れる事のできない 哀しい出来事…まだまだ 気持ちは揺れ動いていますが 博多座で過ごした 夢のような素晴らしい時間は 確実に私の心を 少し溶かしてくれました(* ˘꒳˘)⁾⁾

    • みかんさん、返信が遅くなりごめんなさい!博多座ミーマイは客席降りもあり、客席と舞台が一体となす本当に元気をもらえる作品!みかんさんも、葛藤のなか舞台をご覧になってでもパワーを受け取られたのですね。揺れ動く気持ちは自然なこと…。でも博多座で星組生とマイティが輝きながらパワーを送ってくれていることは事実ですもんね。私も心が温かくなりました(*^^*)

コメントする

目次