『礼真琴、舞空瞳』に願うこと。「いつかくる、その日」を迎えるまえに…

1789が終わり、礼真琴さんが充電期間に入られ、星組は2チームに分かれてお稽古が進んでいることでしょう。博多座公演『ME AND MY GIRL』の配役発表に続き、天飛華音さん主演の『My Last Joke-虚構に生きる-』も配役発表がありましたね!

目次

天飛華音さんの「お芝居力」が発揮されそう…!

絶賛応援中の若手スターかのんちゃんのバウ初主演、とても嬉しいし「ついにきたか…」という感慨深さもあります(;_;)

宝塚歌劇公式ホームページ
キャストほか | 星組公演 『My Last Joke-虚構に生きる-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ 星組公演 『My Last Joke-虚構に生きる-』のキャストをご紹介します。

ポスター画像はかなり控えめな印象で、落ち着いた雰囲気でしたよね。

宝塚歌劇公式ホームページ
星組公演 『My Last Joke-虚構に生きる-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ 星組公演 『My Last Joke-虚構に生きる-』の情報をご紹介します。

ダンスも歌も抜群のかのんちゃんですが、この作品ではその「お芝居力」がフォーカスされそう。礼真琴さんの系譜を感じるキレキレのカッコいいダンス力、低音を響かせる安定感のある歌声、かのんちゃんの持ち味は「パッション」というイメージがあります。

でも、かのんちゃんの若手スターとは思えない、実に落ち着いた「お芝居力」も好きだなぁ…といつも思います。近年では、龍の宮物語の火遠理役が印象的。内に秘めた炎を感じる、素晴らしいお芝居でした。

1789のフェルゼンも、出番が少ないなかで背景を感じる奥行きのあるお芝居を魅せてくれた。一方で食聖新人公演で主演のホン・シンシンを演じた時のように、ガッとコメディにも振れてそういうとこいいよね(*’▽’)

今回のバウ初主演では、ヒロイン経験を積み上げながらお芝居心を磨く、詩ちづるさんとの組み合わせ。意外に新鮮なので、どのような作品になるのか今から楽しみです(*’▽’)

いつか来る「その日」の予行練習みたいな日々

話は変わって…。

なんというか、こっちゃんが充電期間に入られてから思うのは、「いつかくる、その日」の予行練習みたいな日々だなぁということ

1789の余韻を感じるべくCDを聴いたり、こっちゃん出演の過去作品を観たりして過ごす日々は、何だか大好きな愛月ひかるさんを見送った後(見送る直前)のようなそんな気持ちになります。

このような時だからこそ、ようやくこっちゃんの宝物の作品『阿弖流為』を観ることができたのかもしれない(;_;)阿弖流為の姿がこっちゃんに重なった。本当に、素晴らしい作品だった…。

あわせて読みたい
礼真琴の「青春」。星組『阿弖流為』それぞれの岐路 ついに2017年ドラマシティ、日本青年館で上演された星組『阿弖流為』を映像で観ました。 いつかは観たくてスカイステージで録画はしていたのだけれど、何だか凄く構えて...

これはこれで、これまでの「おさらい」みたいな感じで、改めてこっちゃんの魅力を再確認、再発見できるのでいい時間なんだけどね(/_;)

でも有難いのは、現時点でまだまだ先の「宝塚男役、礼真琴」の予定が発表されていること…!

これ、すごい大事(≧▽≦)

しばらく、こっちゃんに関する新しい情報は発信されないのかもしれませんが、それでもあんなに超絶カッコいい『RRR × TAKA”R”AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)』先行画像を用意してから休養してくれて、もうそれだけでも幸せやわ(;_;)って思えます。

宝塚歌劇公式ホームページ
星組公演 『RRR × TAKA"R"AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)』『V... 星組公演 『RRR × TAKA"R"AZUKA ~√Bheem~(アールアールアール バイ タカラヅカ ~ルートビーム~)』『VIOLETOPIA(ヴィオレトピア)』の情報をご紹介します。

先行画像1枚でこんなに元気でたの、ときめいたの初めてかもしれん…( ;∀;)

こういうことは書かないようにしていたけれど、やっぱり20数年宝塚を観てきて、循環の歴史を観てきて何度も乗り越えてきたのが「いつか来る、その日」。

こればっかりは、しょうがないんよね。

こっちゃんだって、トップスターに就任した時から「いつか来る、その日」を意識しない時はなかったと思う。

それは、これまでの歴代トップスターさんたちがよく口にされているのを耳にするので例外ではないと思うんです。鐘が鳴るという方もいれば、始めからゴールを決めている方もいる。

宝塚の歴史の中でも未曽有の事態が起こった過酷な時期の直前に、トップスターに就任した「ことなこ」コンビ。それでも、前に前に突き進みこんなにもたくさんの作品を、いつでも全身全霊で届け続けてくれている礼真琴さん、舞空瞳さん。

舞台上はもちろん、スカイステージなど素顔のおふたりも、互いへの思いやりの心を感じさせるし、リアルな「夫婦感」「恋人感」のような関係性にときめきます(*^^*)

たくさんの苦難があり、エンターテインメント界全体の存在意義までも一時期は自問自答する日々だったのかもしれない…。

舞台に立ちたいのに立てない、立ったら立ったで公演が止まらないようにとてつもないプレッシャーがある、一つの公演が終わったら息つく暇もなく次の作品への準備が始まる…。

それでも、笑顔で真っ直ぐに前を見つめ、たくさんの夢を見せてくれているんですよね。

まだまだ走り続ける「ことなこコンビ」に願うこと

公演が長く休止していた時期も、こんなに温かいメッセージを届けてくれて…(/_;)

そして、そのような時期にもこんなにもカッコよく、可愛らしく、頭の先から足の先まで美しく素敵な姿でい続けてくれていた。それって、本当に凄いことだと思うんです。

YouTubeの埋め込み機能は公式に許可されているため、何度も観たくなる私の好きな動画をこちらに掲載させていただきます(*^^*)

トップ就任してすぐのことなこちゃん。ほんっとーーーーーにお似合いで、もう新婚さんやん( ;∀;)泣けてくるくらいカッコいいし可愛くて観ているだけで幸せな気持ちになる。大変な状況の中でも、こうして優しい語り口で温かいメッセージを届けてくれてたんよね(;_;)

ことなこコンビは、もうとにかく大好き!ときめきすぎる!

という無条件のことなこ愛、ファンとしての気持ちは溢れかえってるんですが、なんかもう、ことなこコンビが乗り越えてきたものが大きすぎて、とてつもない尊敬の念と感謝の気持ちが湧いてくるんですよね。

どのような状況でも舞台に立ち続け、愛や勇気やときめきを与え続けられる人たち…。タカラジェンヌって凄いな。そのなかでも特にトップコンビというのは、組の顔となりどんな時にも矢面に立ち、逞しく美しく本当に凄いなと…。

まだまだ、きっと走り続けてくれるであろうことなこコンビ。「いつかくる、その日」を迎える前に、こういう充電期間が設けられたこと、本当によかった…。前に前に突き進むだけじゃなく、木陰でほっとお休みするような時間が…。

前例にないことをするのは、とても勇気のいること。それでも、それをやってくれたこっちゃん。きっとこれからの宝塚歌劇団でタカラジェンヌたちが笑顔で舞台に立ち続けるためにも、意味のあることだったんじゃないかな。

だからこそ、こっちゃんには今ゆっくりと休んでいてほしい。今までもそうだったと思うのだけれど、これからも宝塚の舞台に立つことを心から楽しめるように充電期間を心置きなく過ごしてほしいな。

色んなメンテナンスもあるのかも…だけれど、こっちゃんが元気でいてくれているのなら、会いたい人に会ったり話したり、ちょっと足伸ばしてリラックスできるカフェとか行って好きなものを好きな時に食べたりね。大好きなお米も、いっぱい食べていてほしい(*^^*)

そしてなこちゃんは博多座に来てくれて心の底から楽しみで嬉しいけれど、その後は少しでも休んでリフレッシュしてほしいなぁ。なこちゃんが好きだと言っていた神社巡りなど(宝塚が長期休演していたあの時期、ぬか漬けを漬けてるって言っていた渋くて家庭的ななこちゃんもすごくいいね(*^^*))

礼真琴さん、舞空瞳さんには、ほっと心が落ち着くような日々を過ごしてほしいなぁと心から願っています(*^-^*)

よろしければ、「読んだよ!」のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次