「ことなこ」に恋をした♡:『めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-』

はい。私、この作品で完全に「ことなこ」大ファンになりました♡

『めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-』

大好きな愛月ひかるさんが退団されるとき、しばらく宝塚から離れてしまうかも…なんて正直思ってた。(これまでは、大好きなジェンヌさんが退団されると少し宝塚熱が緩やかになっていく私でした)

もちろん、もともとずっと星組ファンだし、愛月さん在団中から次世代を担う天飛華音くんを応援中♡ですので、これからの成長や舞台での活躍が楽しみ!というのはあったのですが…

でも今、こんなに「ことなこ」コンビに夢中になり大ファンになるとは♡正直、愛月さん退団時には予想していなかった嬉しい誤算!

目次

とにかく『めぐ会い』のルーチェがよかった♡


星組宝塚大劇場公演 ミュージカル・エトワール『めぐり会いは再び next generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-』/レビュー・エスパーニャ『Gran Cantante(グラン カンタンテ)!!』 [ 宝塚歌劇団 ]

まずは舞空瞳さんの可愛らしさや圧倒的ヒロイン力、実力、容姿すべてが好きだな♡と星組トップ娘役に就任された頃から思っていた私。

今回のアンジェリークで、大好き指数がさらにぐぐぐーーーっと上がって、完全に「ファンです♡」となりました( *´艸`)さすが舞空プロ、プリンセス役、めちゃくちゃ可愛いぜ!となったのです(≧▽≦)

めぐ会いシリーズは初演を生観劇してから、もともと大好き♡このおとぎ話のような漫画のような世界観が本当に大好きなのです♡なので、今回も絶対好きな世界観のはずだ!と予感はありました。

で、やっぱりそのとおり!『めぐり会いは再びnext generation-真夜中の依頼人(ミッドナイト・ガールフレンド)-』、思ったとおりストーリー自体がまずめちゃくちゃ好きだった!!!

でもその気持ちを確固たるものにしてくれたのは、まぎれもなく礼真琴さん。そう、ことルーチェくんです!礼真琴さんのルーチェが、とにかくもう最高過ぎました(≧▽≦)

これまでは、何て素晴らしい歌、ダンス、お芝居ができるスターさんなんだろう!と思いつつも、下級生(ロミジュリ初演の『愛』から)ずっと観てきたこともあり、私のなかでどうしたってカッコイイというよりは「可愛い礼真琴さん」というイメージでした。

でも初めて今回「礼真琴にときめく」という体験をした( *´艸`)

そしてあろうことか、これまでいくつもの名作を成し遂げてきたにもかかわらず、私は礼真琴さんがこれまで演じてきたお役のなかで、今回の「ルーチェくん」が一番ときめいた(≧▽≦)♡んです。

もちろん、大傑作「ロミオとジュリエット」ロミオ役は礼真琴の真骨頂だ!と思っていますが、「等身大(よりもちょっと幼め)」のかっこ可愛い礼さんらしさ満載だったルーチェくんをとおして、私は初めて「男役礼真琴」にときめいたんです(#^^#)と同時に、ことなこに恋をしています♡

それからというもの、好きなジェンヌさんほどなかなか愛称で呼ぶことのできない私ですが、躊躇なく「ことなこ」「こっちゃん」「なこちゃん」呼びとなりました( *´艸`)

Blu-rayが手元に届き、早速スターアングルから観始めたのですが、もう最高過ぎる(≧▽≦)

まずね、ディスコの場面が、ことなこのお芝居からダンスから、歌からお衣装から全部ひっくるめてライブ配信の時から大好きだったんです

そこがスターアングルに入ってたー!!と喜び(≧▽≦)

Twitterでも熱く語っていますが、ちょっとドジでいろんなことに不器用なルーチェくんが、ディスコのシーンでは「ダンスは得意なんだ!」となこアンジェリークをダンスに誘うんですよね。重たそうな上着を脱ぎ、「よし!」と決意したような表情で…

そこからの人が変わったように生き生きと踊ることルーチェくんがめちゃくちゃカッコイイ!(≧▽≦)

でね、今回のスターアングルでは、その表情の変化やしぐさのひとつひとつまでカメラが捉えてくれているんです♪Blu-ray本当に買ってよかった~(≧▽≦)♡

ダンスに慣れずその場になじめずいるなこアンジェリークの手を引いて、ダンスホールの中心に連れていき、またどっか行こうとするなこアンジェリークをことルーチェが何度も引き寄せる♡

で、その表情がスターアングルでよーく観えてすっごく素敵だった♡

それでもなこアンジェリークが不安そうな表情でもじもじしてるもんだから、ことルーチェもノリノリでディスコ!しながらも心配そうな表情…

たまらずなこアンジェリークの手を取り、真剣な表情でまるで「一緒にいるから大丈夫だよ、安心して」と伝えるように自分の胸にあてて踊る仕草がカッコ良すぎて最高に好きなんです(;_;)♡

ここがしっかりスターアングルで観れてしあわせ♡それから、なこアンジェリークもダンスにのってきて、楽しそうに自信を持ってふたりで踊れるまでに。ことルーチェがライバルに腕組みして「むむっ」として表情をすると、なこアンジェリークもことルーチェの後ろで「むむっ!」と真似して腕組み(≧▽≦)可愛すぎでしょ!

そこからのことルーチェは、いつもの太陽みたいな満面の笑みで楽しそうに踊るんですよね♪ことルーチェ、ライトに演じているようで実は物凄く「ルーチェ」の役作りをこれでもか!と深めているからこそ、こんなに自然体なんだな♡

そうして、めでたくふたりはこの日のKingとqueenになります(≧▽≦)♡

めぐ会いって、ジェットコースターみたいな展開だから実は、トップコンビが愛を確かめ合う、みたいなシーンがほとんどない。喧嘩しては仲直り、みたいな説明や描写はあるけれど、本当にふたりが愛し合ってるのね!と感じられるのは、このディスコのシーンからのように思います♡

だからこそ、こっちゃんもなこちゃんも、このディスコのシーンの心境の変化を実はこんなに表情豊かに大切に演じていたんだなぁとしみじみ♡あのわちゃわちゃしたなかで、それが伝わるお芝居って改めてすごいよ♡

ほかにも、探偵事務所のシーンもスターングルで観るとすっごく作り込まれていて、皆のやり取りや間合い、こっちゃん(やせおっち(≧▽≦)ほか仲間たち)の息の合った動きや目線や自然な仕草がたまらなかったですね~♡ことルーチェは時々、『VERDAD(ヴェルダッド)!!』—真実の音—で登場した「できなさすぎまこと」が入ってるお芝居がたまらなく可愛かった( *´艸`)できなさすぎくん、すごく好きなので( *´艸`)おかえりって感じだった♡

なこちゃんアングルもすごく新鮮で、こんなに真剣な表情で今にも泣きださんばかりにルーチェくんの決闘シーンを見ていたんだね、とジーン♡そしてふたりのお父様(輝咲玲央さん、朝水りょうさん)貫禄のあるカッコよさやアンジェリークを落ち着かせようとする優しい振る舞いも素敵。

このシーンで台詞は「ルーチェ!!」だけ。

ですがアンジェリークがルーチェくんに駆けより、後ろにちょこんと隠れるところまでの流れにも、台詞はほとんどなくてもその表情だけですっごくドラマを感じて。深い深い役作りを感じたのでした。

あたり前だけれど、ことなこや星組の皆さんのどんなお芝居も「その場にその人として生きている」と感じられる真摯さが美しい(;_;)

ことなこの練習風景やメッセージが入ったボーナストラックとスターアングル(めぐ会い)までしかまだ観れていませんが(この時点で最高過ぎて本編まで進めていません( *´艸`))

改めて、この作品でことなこがルーチェとアンジェリークを演じてくれたことが嬉しいし有難いし、こうしてBlu-rayとなってこんなにハッピーな作品が手元に残せることもしあわせだなぁと感じます。

この作品で、完全にことなこに恋をした私(#^^#)

これからのことなこが生み出してくれる世界観を体感するのが楽しみでなりません(#^.^#)♡

福岡からの遠征は難しく生観劇はなかなか難しい状況ですが、モンテクリスト伯、ディミトリ、どんなおふたりを魅せてくれるのか…ライブ配信が本当に本当に楽しみです!

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次