礼真琴×茉莉那ふみ、新鮮な親子姿にキュン!:『ビッグ・フィッシュ』稽古場風景

礼真琴さん主演、星組公演『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』の稽古場風景が、タカラヅカニュースで放映されました(≧▽≦)

大好きなこっちゃんの最新の姿が画面に…(;_;)嬉しいです!!

やっぱりこうしてこっちゃんが演じている姿、歌っている姿、踊っている姿を観るとめちゃくちゃ元気が出ます…!

柚香光さんが卒業されて、れいちゃんはもう「タカラジェンヌじゃないのかぁ…」と何とも言えない虚無感にかられますが、こうして宝塚の舞台に向けてこっちゃんが躍動しているのを観て、すごく心が温かくなりました。

待ちに待った、こっちゃんの新作ミュージカル!別箱!!

でも、この稽古場風景は、それだけじゃない!!出演者全員が凄くフォーカスされていて、「目立つ」し全員で作品を創り上げている感が凄くあって。

何だかこれまでのどんな別箱とも違う、「外部ミュージカル感」が凄くて、それにめちゃくちゃ惹きこまれてしまいました(*’▽’)

目次

稽古場風景の印象は…

まだ1度しか観られてないので(いや、1回巻き戻して2回だな( *´艸`))断片的にしか覚えていませんが、ビッグフィッシュ稽古場風景を観て印象に残った方たち、感じたことを書かせてください!

エドワード・ブルーム 礼 真琴

こっちゃんの渋い年配役が私は大好きなのですが、今回の作品では、青年期から老年期までをこっちゃんが1人で演じます。

なので、お稽古場でも、老年期のエドワードは大きめ眼鏡にたっぷりとしたニットや寝巻のようなガウンを着てお稽古を…話し方もゆっくり、動きも大きくゆっくり。

それがもう、すごくよくって(≧▽≦)

青年期は元気いっぱい!動きもキレキレ、ダンスも声の出し方も温かみがありながら、やっぱりすごくカッコいい!!どんなに動いても全くブレない歌声は、今回も健在で本当にさすがとしかいいようがないです(*”▽”)

シーンごとに、小道具やお衣装を変えてお稽古しているのもとても印象的で、グリーンのニット姿が特によかったなぁ(*’▽’)丁寧に役を創り上げていることが、こっちゃんのヴィジュアル、お稽古場ファッションからもうかがえました!


ジェニー・ヒル 白妙 なつ

ラスト近くに、こっちゃん演じるエドワードの息子、ウィル(極美慎さん)に会う場面が映りました。さすがの落ち着きと重厚感。なつこさんの存在で、場面がびしっと締まりそう。


ベネット ひろ香 祐

老年期の礼真琴さんの傍らに、ベネット役のひろ香祐さん。

同期ならではの呼吸で、安心感しかありませんでした。他のキャストのお稽古を観るこっちゃんとひろ香さん、隣同士に座ってる姿がなんか可愛らしかった( *´艸`)


サンドラ・ブルーム 小桜 ほのか

今回のお稽古場風景でも、何度も映った小桜ほのかさん。

特にお芝居、歌の要としてなくてはならない星組の歌姫ですね。

礼真琴さんの妻役という重要な役どころですが、むしろこっちゃんをほのかちゃんが包み込んでる?くらいの貫禄でした!本当に、頼もしいよね。


ドン・プライス 蒼舞 咲歩

さきっぽーーーーーーーー!!!!!

おかえりーーーーー!!!!(;_;)

ミーマイ以来、さきっぽが舞台に立ちます。もうさきっぽが、お稽古場に居てくれるってだけで、泣けてくる(/_;)帰ってきてくれてホント嬉しいです!!

こっちゃんのライバル役ですが、その乱暴さや熱しやすさなど、お稽古場からすでに出来上がってる!ってくらいに熱くてさきっぽのお芝居心の豊かさを感じました。

お役のお衣装を着けたら、もっとリアルにドンになりそう!お稽古着やヘアスタイルにもすでに気合が入っていてGOOD!!


人魚 希沙 薫

すごく透明感があって、人魚にぴったりのきさちん。女役もばっちりハマって(ロミジュリの愛以来ですね)ファンタジーの世界に誘う人魚がとても似合っていました!

お稽古着のスカートの裾を半分腰に織り込んで、アシンメトリーにしているのも人魚っぽくて◎だった!

お衣装も、アシンメトリーの素敵なデザインなんだろうなぁ(*^^*)


ウィル・ブルーム 極美 慎

かりんちゃんは、この作品でこっちゃんに次ぐ出番の多い役。なんか、すごく成長を感じたなぁ~(→誰目線って感じですけど( *´艸`))

愛月さんファンの私は、愛月さん♡になっているかりんちゃんが可愛いなぁって思ってたっけ。

あわせて読みたい
愛月ひかるさん×極美慎さん×天飛華音さんのミラクルスペシャルトーク♡:スカイ・ステージ・トーク Dr... スカイ・ステージ・トーク Dream Time#63「愛月ひかる」 タイトルのテンションの高さからもうお気づきかと思いますが… 【永久保存版級の、スペシャルミラ...

そんなかりんちゃんも、もうこんなにも男役らしく、カッコよく、そしてどっしりとした佇まいになって…。ラストシーンと思われるところも少し映ったのですが、かりんちゃん真っ赤になって泣いてた。

感情をぶんぶん動かして、本気のお芝居をこっちゃんとやっていることに、何だか感慨深くてじーんときました。

「もっと熱くなれ!!」ってこっちゃんや愛月さんに言われていた、かりんちゃん。こんなにも立派になったんだね(/_;)

あわせて読みたい
極美慎の「何か」が変わった!スターの覚悟 早くから、その目を惹くスター性で注目されてきた星組スター「極美慎」さん。(タイトルは、文字数の関係から敬称略)私が意識して観始めたのは紅ゆずるさん退団頃から...

若手スターたちも大活躍!!

ヒロインを務める詩ちゃんは、ヘアスタイルをボブのようにまとめて工夫されていました。黄色の水仙をイメージしたかのような華やかなシーンが映って、こっちゃんが水仙を渡すシーンも少し映りましたよ。

夕陽真輝さんは、丸眼鏡が可愛い!お役のぽーっとした感じがよく出ていて、世界観にぴったりでした。

魔女役の都優奈さん、すごく楽しみなのですが歌声の迫力が凄かった!!

こっちゃんの背後にまわり、物凄い声量で歌っていて「ねーさん、夢が叶ったね!!」なんてじーんときました。

星咲希さんは、極美慎さん演じるウィルの妻役。

可愛らしい花嫁姿も映って、とてもそのシーンが楽しみになったなぁ!

かりんちゃんと凄くお似合いだったし、華やかさがありました。

驚いたのは、やっぱり礼真琴×茉莉那ふみ!!

今回の稽古場風景で、とても新鮮だったのは星組 宝塚大劇場公演『めぐり会いは再び next generation -真夜中の依頼人-』『Gran Cantante!!』で初舞台を踏んだあの小さくて可愛らしい娘役さん。

108期生の茉莉那ふみさんです!!

もう、びっくりよ!!あまりの巧さに。

礼真琴さんが舞空瞳さんとともに、「私たちの子!!!」と、めぐ会いのナウオンステージで語ってくれていた(*^^*)あの108期生。その首席である彼女が、今回大抜擢です!!

なんと、こっちゃん演じるエドワードの息子ウィルの幼少期をおふみちゃんが演じるんですね。

もう、すごくこのお役が似合いすぎていてびっくり!!

可愛いらしいし、上手だし、何だか目が惹きつけられる娘役さん。

こっちゃんと並んで歌ったり、お芝居したりするシーンがたくさん映ったのですが、めちゃくちゃ堂々たる姿で「こっちゃん×おふみちゃんはリアル親子」やった…(*’▽’)

なんかね、表現が合ってるのかわからないんだけど、めちゃくちゃ「外部ミュージカル」みたいなんですよね。こっちゃんとおふみちゃん観てると。

いい意味で宝塚っぽくない。

こっちゃんとおふみちゃんの並びは、「男役×娘役」じゃなくて「リアル親子」なんです。

おふみちゃん、すごく楽しみなタカラジェンヌさんだなぁと思っています。新鮮な組み合わせ、新鮮な親子姿にすごく期待が膨らみました!!

実験的要素が多い、『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』

稽古場風景を観て、いい意味で「ヒロイン」とか「主演」をあまり意識させない雰囲気がありました。

もちろんこっちゃんが主演であることには間違いないんだけど、キャスト皆の個性が輝いているし、すごく実力派な面々なので、「みんなが主役」っていう感じがすごくしたんですよね。

こっちゃんが、ずっと願っていたことのひとつが叶うのかもしれません。

「星組生、皆がキラキラ輝く舞台」

このお稽古場風景を観ながら、ある意味、宝塚歌劇でやるにはチャレンジングな要素が多いし、役柄も多くてファンタジー。これはかなり実験的要素も多い作品だなぁと思いました。

一人ひとりが、「芸」を披露する場面もありますよね。ほんの少し、稽古場風景でも映りました!サーカスさながら、本格的な芸を見せてくれそう。

何が飛び出すかわからない楽しさを感じたし、今のこっちゃん、そして星組だからこそこういう作品が巡ってきたのかもしれないなぁと思います。

明日には、いよいよ初日の幕が開きます。

返す返すも、映像に残らないのが残念でなりませんが、それでもタカニュの稽古場風景は、できる限りの大サービスだったのではないでしょうか…!

礼真琴さん、そしてビッグフィッシュキャストに皆さんが、元気に楽しく舞台に立てることを心から願っています!!

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次