朝美絢の「覚悟」、和希そらの「去り際」

雪組の今後のラインナップが、一気に解禁されましたね。「雪組のこれから」を示唆するようなラインナップに、さまざまな思いが入り乱れました。

目次

和希 そら ディナーショー『Vie.』

まずは、退団をすでに発表されている和希そらさんのディナーショー。宝塚ホテルで、クリスマスイブの1回のみ開催されるのですね。

2023年12月24日(日)
ディナー 18:30~19:45/ショー 19:45~20:45

SORA KAZUKI Christmas Special Dinner Show
『Vie.』

<構成・演出>
野口 幸作

宝塚歌劇公式ホームページ

ディナーショーのタイトルは、フランス語の『Vie.』。

意味は、「人生、生、生命」。

何だか、今このタイミングでこのタイトルが選ばれたことに、何とも言えずずしっときた…。

和希そらさんの想いが凝縮したような、スペシャルなセットリストになりそうですね。それにしてもたった1回だなんて…。もっと見たかった…、と惜しまれる素晴らしいディナーショーになるんだろうなぁ。

和希そらさんのことは以前にもう熱く語ってしまったのでここでは割愛しますが、そらくんが納得して決めた「去り際の美学」を体現できるディナーショーであることを願います。

あわせて読みたい
「和希そら、退団発表」に言葉がない… 言葉がありません。宝塚からのお知らせを見て目を疑いました。声にならない声が出た…。 雪組 和希そらさんが退団を発表されました。 2024年2月11日(雪組 東京宝塚劇...
あわせて読みたい
衝撃の『和希そら退団発表』から一夜明けて。心に秘めた想い 月城かなとさん、海乃美月さんの退団発表に浸っていたところに、突然の宝塚歌劇団からの「雪組退団者」お知らせ。雪組集合日だったこともあり、今思えば突然ではなかっ...

【全国ツアー公演】雪組『仮面のロマネスク』『Gato Bonito!!』

2024年先陣を切って雪組を率いて全国ツアーに出るのは、雪組二番手の朝美絢さん。ついに、ついにこの時がやってきた…という感じ。

男役としては小柄で、とても華奢。でも圧倒的な美とカッコ良さと個性を持つ朝美絢さん、いつかはこのような立場で舞台に立つことになるであろうことは想像していました。

月組時代の「A-EN」からずっと注目していて、大好きな美弥るりかさんの「後継者」と私の中で勝手に思っていた。

美弥ちゃんの番組にゲストとして登場したこともあったよね。漫画の世界を実写にしたような写真を撮る企画だったと思うけど、おふたりとも美しくてカッコよくて凄く好きな番組だった!

あわせて読みたい

美弥ちゃんのように圧倒的美とお芝居心、色気のある佇まい、繊細な男役芸を思わせる歌やダンスを武器とするあーさ。

人柄が柔らかくしなやかで、あったかいところも美弥ちゃんと共通点で、人の心を掴むことができる人だから、きっと「真ん中」で輝く時がくるのだろうと…。

全国ツアーで主演するというのは、伝統的に「組の中心で輝くための、カウントダウン」を思わせるもの。すぐ、である場合もあるし、しばらく時間が空く場合もありますが、これまでそうであったように、いつかは「組の真ん中」に立つ時がくるのでしょう。

相手役は、夢白あやさん。夢白さんは、2回目の全国ツアーになりますね。朝美絢さんとの相性は、正直しっかりとおふたりの組むお芝居を観たことがないため想像がつきません…!

どちらも美しい方ですが、系統が異なるため未知数。

以前、宝塚GRAPHで(2023年7月号)朝美絢さん、夢白あやさん、和希そらさんが表紙と巻頭を飾られました。そのポートはとてもクールで、とにかく和希そらさんと夢白あやさんの顔立ちが何だかとても似ていて、すごくマッチしていたのを思い出します。

朝美絢さん、夢白あやさんは、素顔も舞台姿もとても現代的な雰囲気を持つタカラジェンヌさんなので、雪組の得意とする「漫画などの原作物」や、新たな挑戦になる演目も似合いそうです。

私は、勝手にあーさの対外的なイメージは「クール、現代的、攻めの姿勢」だと思っています。でも、オリジナル番組やインタビューなどを読んで受ける素顔のあーさは、とっても穏やかで優しくて控えめだなぁと思うのです。そんなあーさは、実はあまり「真ん中に立つこと」にこだわってはいないのではないかな…とずっと思っていました。それくらい、いい意味で無欲な感じがしていた。

でも、この発表を聞いて何となく「覚悟は決まった」という感じなのかなと思いました。あーさという個性が、これからの宝塚歌劇のイメージを大きく変えていくのかもしれないな、とも…。2024年の雪組がどのように変化していくのか、静かに見守りたいと思います。

動き出した「雪組」

ここまでのラインナップでも、雪組が動き出したなぁと感じますね。スターひしめく雪組、どのような振分けになるのかも注目です。和希そらさんのディナーショーに誰が選出されるのか、特に気になっています。

彩風咲奈さんのリサイタル、凪七瑠海さんのバウ公演のことはまた別記事で触れたいと思いますが、公演の内容に「彩風咲奈の舞台生活の軌跡」とあったので彩風さんの「集大成」になるのでしょう。

今後の宝塚歌劇団からのニュースは、どれもずしっとくるものばかりになりそうです。

一つひとつの公演が、とても貴重である今は、まず公演ができるのか、そして始まっても完走できるのか綱渡りのような状態でもあります。心身の健やかさを保ちながら、どうか楽しく舞台に立ってくれますように…。

2024年の雪組が、そしてそれに伴い花月星宙、そして専科がどのような編成になっていくのか…心がざわざわしますが、静かに見守りたいと思います。

よろしければ、「読んだよ!」のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次