星条海斗さん・紫門ゆりやさん・愛風ゆめさん:宝塚月組全国ツアー公演『愛するには短すぎる』感想

星条海斗さん(船長)

この方も、憧花ゆりのさん同様、一生懸命な故に面白くなっちゃうという(笑)次は、どんな困り顔?と毎回登場が楽しみになる方でした!


美しい風貌に似合わず、常に胃が痛そうな?トホホとなっている表情が何とも可愛らしくて、思わずツッコミを入れたくなるくらい(笑)

観劇後は、必ず星条船長さんが歌う、「船~をはな~れろ~」の歌がずっと頭に回りますのでご注意を(笑)


星条さんの低音ボイスは、かなり心に残りました( *´艸`)いや~、こういう方がいらっしゃるのは月組さんの財産ですね。

紫門ゆりやさん(フランク)

紫門ゆりやさん、今回は悪役に挑戦でしたね。
愛希さんに詰め寄るシーンは、なかなか凄みがあり、ドキドキしました。でも、いかんせん、とても優しいお顔立ち。雰囲気も良い人がどうしても醸し出されているんですよね。


スカイステージで拝見する素顔から、きっととても真面目で優しい方なんだろうな~と感じます(*‘∀‘)

愛風ゆめさん(ドリー)

出番こそ少ないけれど、ピンポイントにインパクト大!な方でした。マリリンモンローを彷彿とさせる、セクシーな金髪美女。


歩き方からしゃべり方まで、どこまでも甘ったるくて(笑)デレデレしてしまうのも分かるな~(笑)という可愛さでした。

でも、それだけではなく女優になれるなら何でもやる!という執念と切なさ
場面場面で、短い時間にも良くでていたな~と思います。こういうクセのある役を、とっても上手に演じていらして、お芝居の幅が広い方なのではないかと思いました。


それに、容姿にも華がありぱっと目を惹く。当時、これからが楽しみな娘役さんだな~とすごく感じていました。

他にも個性的な面々がたくさんのお芝居でしたが、特に印象に残った方々をご紹介させていただきました。

今回の演目は、不思議と劇場の規模の小ささや古さを感じずストーリーとマッチしていて、物足りなさは全く感じませんでした。


やっぱり全国ツアーは、こういうダイナミックなセットを必要とせずストーリーの面白さと、お芝居の巧さが活きる今回のような演目が合っているなと改めて思いましたね。

さて次回は、瞬く間に展開する熱いショー『Heat on Beat!』の感想を書きたいと思います(*‘∀‘)続きもお付き合いいただければ嬉しいです♪

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです^^

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次
閉じる