夢咲ねねさん,  涼紫央さん,  柚希礼音さん,  紅ゆずるさん,  真風涼帆さん

星組の新しいピラミッドが生まれた瞬間!:「循環」こそが宝塚の醍醐味

さかのぼれば、1999年から宝塚ファンになった私。真琴つばささんが退団されるまで熱狂し、その後は少し宝塚から離れてしまった時期も…

そして2010年に再び宝塚熱が再燃し、そのきっかけとなったのが柚希礼音さんと夢咲ねねさんトップコンビ時代の星組さんです。

やっぱり私は宝塚が心から大好きなんだ!!そう再認識したのもこの時。

当時の宝塚を取り巻くさまざまなことに、 時には切なくなったり残念に思うこともなかったと言えば嘘になります。

でも、宝塚からたくさんの夢と元気、トキメキをもらったり ブログを通じてたくさんの方々と繋がり、温かい気持ちをいただいたりしたことも事実。 そんなしあわせや愛をくれる宝塚ってやっぱりすごいなと思います!

ロミジュリのベンヴォ―リオでどうしようもなく惹かれた「涼紫央さん」の退団をきっかけにスカイステージに入会し、 大好きな柚希さん、星組さんの全てにドキドキわくわくし、 他の組のスターさんの魅力も知りますます宝塚が大好きに…

そんな2012年は忘れられない年です。

2012年はたくさんの輝けるスター達の退団、 そして大幅な組替えがあるなど、どの組にとっても 激動の1年だったと思います。

その中でも大好きな星組。
大好きな涼紫央さん、そして白華れみさん達の退団。 そして、夢乃聖夏さん、美弥るりかさんなど 星組を長く支えてこられた方々の組替え。 英真組長が専科へ移動。

星組をずっと支えてきた大切な方々が組を離れることになり、 星組が大きく変化した年でもありました。 始めはそれに戸惑い、寂しさを感じたものです。

でも涼紫央さん(とよこさん)は幸せな花嫁さんになられ、今では本当に素敵なママに!こちらまでにっこりと笑顔になってしまうようなご家族の様子をSNSでも発信されていて、ほっこり幸せな気持ちになりますね(*^^*)
組替えされたメンバーも、それぞれの組で 輝き、退団された後もそれぞれに活躍されています。

英真さんは専科として、どの組で出演されても誰も真似できない存在感。 どの組でも尊敬され、英真さんの教えを組を越えて 惜しみなく伝えていらっしゃるのだろうと映像から伝わってきます。

そして、たくさんの退団者を見送った後も、柚希さんはトップとして頂点で どっしりと太陽のように輝き続け、 ねねさんは「もう誰も止められない!」 というくらい魅力が大きく開花されました。


このころ紅ゆずるさんもついに2番手というポジションが確立され、これからが楽しみでたまらない!と感じさせるスターのオーラが格段に増した時期でしたね。 真風涼帆さんは、当時まだまだ下級生ながら何だか安心できるスターの貫禄の持ち主でした。

2012年当時、歌が課題となっている組子も多かった星組さん。でも「これは天性のものでどうしうようもない」という得も言われぬ華やスター性を持った方が、それこそひきめきあっている豪華なメンバーでしたね。


華やかさやスター性、人を惹きつけるという宝塚ならではの魅力を備えた方がたくさんいらっしゃった時期! それは本当に、星組の大きな強みであり魅力です。

新しい星組のピラミッドもまた絶対に魅力溢れる素敵なカタチになるはず! 可能性がいっぱい詰まってる!そうワクワクしたことを思い出します。

退団は寂しいけれど「循環」が生まれ、いつの時代も新しい「宝塚」が生まれる。

これこそが、宝塚の醍醐味かもしれません。

\読んだよ!のしるしに「クリック」してくださったら嬉しいです /

PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、スカパーでタカラヅカスカイステージを観ています(*^^*)スカステは、いまやなくてはならない大切なチャンネルに♡

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です