「王家に捧ぐ歌」もうひとりの主役:アムネリス×有沙瞳さん

目次

表現力豊か&美麗なアムネリス:有沙瞳さん

有沙瞳さんにとって、もしかすると「真骨頂」とも言えるお役だったのではないでしょうか。エジプトの王ファラオの娘「アムネリス」。

その佇まい、美しさ、圧倒的な歌声、情感豊かなお芝居すべてが有沙瞳という娘役にぴったりとはまっていました。

「それはファラオの娘だから」

アムネリスは、言わずと知れたファラオの娘であり、のちにエジプトの女王となる大きな大きなお役。「王家に捧ぐ歌」はトップスターである礼真琴さん演じるラダメスの視点で描かれた壮大なストーリーですが、視点を変えると「アムネリスが葛藤を乗り越え、真のファラオとなる瞬間までの物語」でもあると思うのです。

美も富も名声も、そして愛さえもすべてが思うがままに、自然に自分のものになると思い込んでしまうほど稀有な運命のもとに生まれたアムネリス。

それはすべて「ファラオの娘だから」。

ある意味、権力を思うままに操り傲慢ともとられかねない立場にありながら、有沙アムネリスには、それだけではない聡明さと人間的な温かみが感じられました。

ラダメスがアイーダに惹かれていると気づいていながら「ラダメスへの愛」をぶつけるところ、ラダメスに「戦いをいつまで続けていくのか」と問われるところなどのお芝居が印象的。

あぁ、きっとアムネリス自身もアイーダと同様に心の底で戦いを憎み、平和を求めているんだな…と感じさせる丁寧なお芝居が流石でした。

そして、キャストのなかでひと際美しく華やかなお衣装の着こなしも素晴らしかった!小柄な体格であのアムネリスの大きなお衣装に着られてしまうのでは…という心配など無用でした!

とりわけ、天女のような羽衣をひるがえすお衣装が美しかった~(*^^*)メイクも大きな瞳を際立たせる、跳ね上げたアイラインがとってもお似合い。すっと通った鼻筋がアムネリスの堀の深さ、美しさを演出してとても高貴な雰囲気が漂っていました。

王女からひとりの女性、そしてファラオへ…

ソロパートの歌唱も本当にお見事で、もう主役級の存在感!

歌の説得力、お芝居の説得力、そして王女としての風格と大人の魅力を備えた美しさ。すべてが揃ったアムネリスは絶品でした。

今回の「王家に捧ぐ歌」では、アムネリスが主役だと言っても過言ではないほど、その存在感に惹きこまれたし彼女の目線でこのストーリーを追っているように感じる瞬間もあった。

カーテンコールでラダメス役の礼真琴さんの左隣(本来なら男役2番手スターの立ち位置)に有沙瞳さんが居並んだ時、とても納得した。

そうだよね、アムネリスはヒロインではなく間違いなくもうひとりの主役だった。

「龍の宮物語」で玉姫役を演じられ、私は有沙瞳さんの真骨頂は間違いなくこのお役だと思っています。あとは「鎌足」の皇極天皇(宝皇女/斉明天皇)、そして「ロミオとジュリエット」の乳母も当たり役。

乳母の時のように愛情深く心を打つ歌唱はアムネリスにも生かされていた。

そして皇極天皇(宝皇女/斉明天皇)や玉姫の気高さや凛とした強さと美しさは、このアムネリスの役作りにも共通していたように思えて。

アムネリス、新たな有沙さんの当たり役が生まれた!と思いました。

アムネリスが有沙瞳さんで本当によかったし、彼女じゃなかったら「王家に捧ぐ歌」がここまでの完成度ではなかったかもしれません。

有沙瞳。二番手娘役とか別格娘役とかを越えた、やっぱり凄い役者さん。ただただ、素晴らしいアムネリスでした。

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです^^

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次
閉じる