礼真琴さん,  愛月ひかるさん

愛月ひかるさん、金髪美青年も似合う♡:『エル・アルコン-鷹-』

『エル・アルコン-鷹-』の配役で、意外性のあった方のひとり。

ルミナス・レッド・ベネディクト役(キャプテン・レッド)の愛月ひかるさん♡♡♡

もうね、金髪美青年が似合いすぎて、似合いすぎて( *´艸`)

黒髪、お髭の大人の男!な愛月さんでファンになってしまった私としては、かなり新鮮なお役♪

でも、正義や純真さを全面に出したお役もこの学年にして、本当に真っすぐ演じられていて素敵だった~(#^^#)

特に好きだったところは、桜庭舞さん演じるジュリエットとの絡み( *´艸`)

おじいちゃま(パーシモン卿)と結婚させられそうになり「いやだ~(;_;)」と泣き叫ぶジュリエット。

それを見て、いてもたってもいられず連れ去ってしまうルミナス( *´艸`)、まさに白馬に乗った王子様のよう(#^^#)♡

その時はとっさに、持って生まれた「困っている人をほっとけない」感情からの行動だったのでしょう。

でもね、ラストの場面ではきっとルミナス自身は気づいていないけれど、ジュリエットに少し♡が生まれたのかなぁ( *´艸`)なんて。そう感じさせる余韻のあるお芝居が良かった。

そしてラストの場面では、ティリアンへの憎しみだけではない、何とも言えない感情を短い場面のなかで巧く表現されていました(*’▽’)

愛月ひかるさんは、もう学年としてはベテランの域。でも役を重ねるごとに、若々しくも重鎮もどちらもできてしまう。

そして、作品をより気品のあるものに、ゴージャスにしてくれる…その稀有な存在感と懐の深さに惚れ直してしまった(#^^#)

コスチューム物が似合う星組に組替えして、その長身と美しい風貌、身のこなしをいかんなく発揮している愛月さん。トップスター礼真琴さんと対峙すると、お互いの個性が生きて、より素敵なコントラストを見せてくれます。

愛月さんのお芝居、やっぱり大好き。

役作りはもちろんですが、鬘やメイク、衣装の着こなし、指先、足先の動きひとつひとつまで「こだわり」抜いて宝塚の世界を夢を見させてくれる舞台姿に、今回も魅了されました(#^^#)

次回は、今回の作品でとっても気になった(*’▽’)若手スターたちのことを書きたいと思います。ぜひお付き合いくださいね(^^♪

\読んだよ!のしるしに「クリック」してくださったら嬉しいです /

PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、スカパーでタカラヅカスカイステージを観ています(*^^*)スカステは、いまやなくてはならない大切なチャンネルに♡


歌劇 2020年11月号(新品)

宝塚パーソナルカレンダー[本/雑誌] 2021 愛月ひかる (カレンダー) / 宝塚クリエイティブアーツ

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です