【東京・観劇旅1】星組『BIG FISH』観てきました!@東急シアターオーブ

はるばる、再び行ってきました!!

東京観劇旅!!

そして初の東急シアターオーブ!!

今年の3月に星組「RRR」「ヴィオレトピア」で初のことなこトップコンビを生観劇し、大感激してから数か月。

今回は礼真琴さん主演、東急シアターオーブ公演 星組『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』を観劇してきました!!

目次

念願の「別箱公演」観劇が叶った…!!

20数年の宝塚ファン歴のなかで、実は初めてのいわゆる「別箱」観劇。

バウやドラマシティなどで上演されるような、珠玉の宝塚作品を観劇すること、ずっと念願でした(;_;)

あわせて読みたい
【宝塚】バウホール公演やドラマシティ公演を観てみたい! バウホール、シアタードラマシティなど、大劇場よりは少し規模は小さくなりますが、昨今良作と呼ばれる素晴らしい作品が次々と上演されていますね。 昔は、バウホールは...

博多座、全国ツアー公演、そして宝塚大劇場(遠い昔)、東京宝塚劇場では観劇していますが、こういった「がっつりお芝居」な別箱公演は初めて!!

しかも、大好きな礼真琴さん主演、さらにまさかの「円盤化、ライブ配信、スカステ放映なし」と、何ともファンにとって酷な公演…(/_;)

本当に、有難くなんと貴重なチケットだったことか…。

だからこそ、はるばる飛行機に乗り、交通機関を乗り継ぎ、体力も気力も物凄く使いましたが、それでも行きたい!!

こっちゃんに会いたい!!

その一心で、東京へと向かいました。

長距離移動、真夏日の暑さ、さらにパワーあふれる渋谷!

気温は真夏日となったその日、暑さと人の多さがやはりスゴイ!!

私がよく訪れていた頃とは大きく様変わりした、久々の渋谷。

日比谷の落ち着きとは違い、アグレッシブで空気がうねるようなパワーを感じる渋谷に降り立ち、長いエレベーターを上がって初の東急シアターオーブへ…!

早起き、飛行機諸々の長距離移動、暑さ…。

迷うことなく、スムーズにたどり着けたものの到着した時点で既にかなり体力、気力が奪われていた私(*´Д`)

ですが、劇場に入ったとたん、あのこっちゃんの笑顔で黄色の水仙を差し出すポスターが目に入ったとたん、じわって泣いたよね(/_;)

渋谷ヒカリエの11階にのぼり、劇場内に入ると『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』の美しい水の中のような青い幕!!目にした途端、何かもう全てがすーーーっと癒されていくような、ただただ楽しみな気持ちと元気がみなぎってきました!!

自分の席に座ると、もうすでに謎の達成感(/_;)

遠かった…、辿り着いたよ、ついに私は…!!ってね。

いやいや、これからですよ!本番はっ!!と自分を奮い立たせつつ、席に座りその時を待ちました。ほどなく、あの聞き覚えのある優しい声が響いてきて、心がすーっと落ち着いてでもワクワクがとまらなくなって…!

こっちゃんの低く落ち着いた優しい開演アナウンスに、もう本当に心が躍りました!!

もはや「こっちゃん有難う、大好き」しか出てこない、宝物のような作品に出会った…!!

舞台の幕が下りるとき、もう堰を切ったように涙が溢れてしょうがなかった。

礼真琴さんの歌を聴きながら、姿を目に焼き付けながら、幕が下りるその瞬間まで私はずっと「こっちゃん有難う、こっちゃん有難う」と心の中で繰り返していました(/_;)

なんかもう、とにかく有難う、大好きしか言えんくらい、その存在に無条件に感謝したくなった。

魂を込めて、全力で、一人の人生を生き抜いているこっちゃんを観て、涙が止まらなかった。

礼真琴さんのいる時代に、こうしてファンで居られる幸せ、出会えた幸せを噛みしめたくなるような、ずっとずっと心に残りつづけるであろう本当に素敵な舞台でした(/_;)

これから数回に分けて、今回の東京観劇旅のことを書かせてください。

『BIG FISH(ビッグ・フィッシュ)』という、幻の舞台のことを…。

礼真琴さんのこと、キャストのこと、舞台装置や音楽のこと、ストーリーのこと…書きたいことが溢れ出てきます。

心の宝箱のなかに、詰めれるだけ詰めて帰ってきました。

「記憶」が薄れていくのがもったいないし、物凄く悔しい。

だから、大切に書いて、この気持ちをあの素晴らしい舞台の事を残していきたいです。

読んだよ!のしるしにクリック、いつも有難うございます!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次