岐路に立つ、瑠風輝:同期対談を観て【もえこちゃんアングル】

前回の記事に引き続き…

あわせて読みたい
暁千星と瑠風輝、同期の絆【ありちゃんアングル】 星組の暁千星さんと宙組の瑠風輝さん、98期生の同期。2018年のことになりますが、スカイステージのオリジナル番組「ゆるりふんわりふたり。#4「暁千星&瑠風輝」とい...

2018年に放映された宙組の瑠風輝さんと星組の暁千星さん、98期生の同期コンビの対談、スカイステージのオリジナル番組「ゆるりふんわりふたり。#4「暁千星&瑠風輝」を観た感想を、今日は「もえこちゃんアングル」から書いていきたいと思います。(前回は、ありちゃんアングルから書かせていただきました)

瑠風輝さん、東京都調布市出身、175cmという長身でありちゃん(173cm)と並んでもやはりその大きさを感じました!新人公演の主演を何度も務められ、期待されてきた宙組の若手スターだったもえこちゃん。2019年にはついに「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」でバウ初主演を務めます。

記憶に新しいのは、2023年のドラマシティ公演「大逆転裁判」ですよね。

短髪黒髪、学ランがとても似合っていてカッコよかったです。

お顔立ちはシャープでクールな印象ですが、突撃レポートなどで見せるもえこちゃんの姿は、穏やかで柔らかくて優しい雰囲気。

だから、もえこちゃんってクールなお顔立ちに反して「ほっこり系」なのかなぁ…なんて思っていたんです。このときヒロインを務めた、山吹ひばりさんも心底もえこちゃんに♡な眼差しが印象的でした。

でも、この「ゆるりふんわりふたり。#4「暁千星&瑠風輝」ではそれだけではない、とてもさまざまな側面を見せてくれていました

目次

もえこちゃんは、ちょっと「ネガティブ思考」?

ありちゃんも言っていたけれど、もえこちゃんは「ネガティブ思考」なところもあるとご自分で話してくれていました。

そんなもえこちゃんの性格を知っているからこそ、ありちゃんも「もっと、自信を持ったらいいのに」と伝えていたそう。

私の印象からはそういう風に見えていなかったので、凄く意外でした。笑顔も多いし、おだやかでフラットな心の持ち主なのかなと思っていたから…。そういう自分と戦って、上級生になるごとにフラットでいる術を身につけられたのかもしれませんね。

暁千星さんが「瑠風輝さん」にやってほしいお役は…

ありちゃんがもえこちゃんに演じてほしい役として挙げていたのは、「スカーレット・ピンパーネル」の『ショーヴラン』!!私も、そう思う…!

当時、もえこちゃんは悪役をあまりやってきていない、ということでしたが、ショーヴランの怖い部分とちょっと可愛らしい部分どちらも演じ分けて、とっても魅力的なショーブランを演じてくれそう…!と私も想像が膨らみました。

柚希礼音さんが大好きなありちゃん。ショーブランも凄く好きなお役だそうで、それをもえこちゃんにやってほしいと!ホント、見てみたい!まず、あの軍服が絶対に似合うと思う!迫力ありそう(*’▽’)

愛月ひかるさんと瑠風輝さん

もうひとつ、印象的だったお話が、2017年新人公演で『王妃の館-Château de la Reine-』金沢貫一(本役:愛月ひかるさん)を演じられたときのこと。愛月さん大ファンの私としては、このお話は嬉しかった(*’▽’)

金沢貫一は、ご覧になった方はご存じだと思うのですが、かなりキョーレツなキャラ( *´艸`)関西弁だし、鬘もかなり個性的…!お衣装もド派手で、作品の強力なアクセントになるお役ですよね。

そんなお役に、貴公子が超似合う愛月ひかるさんが挑戦!ですが、2015年の『TOP HAT』で アルベルト・べディーニを演じた後でもあったから、もうそんなに驚かなかった…というのもありますね。(べディーニは生で観れていませんが、映像でそのシーンを観れたのと、愛月さんのトーク番組で何度となく話題にのぼったのですぐにイメージが湧く)

でも、もえこちゃんにとっては革命的!こういうお役をしたことがなかった、ということで本役である愛月さんから「こういうお役を、『TOP HAT』の前に挑戦できていたらベティー二のつくり方も変わっていたかもしれない」(→ニュアンス)と言ったことをアドバイスしてもらったそう。だから、こういうお役が若手のうちにできてラッキーだね!と。

ありちゃんもだけれど、真ん中だけではなくて、脇から凄い存在感を放つお役にいくつもめぐり会うと、そのタカラジェンヌさんは役者として凄く成長されて、奥行きのあるお芝居をされるように感じています。

瑠風輝さんと夢白あやさん

もえこちゃんの持ち味をしっかりと把握できるほど作品を観れてはいませんが、ここにきて宙組のなかでも存在感をさらに増しているのを近年感じていました。

そして、スカイステージの特番などで見せるもえこちゃんの姿はとても穏やかで爽やか。

2022年9月号の宝塚GRAPHでもえこちゃんが対談されたお相手が夢白あやさんでした。

この対談、凄くよかったんですよね。

「リッツ・ホテル」で相手役だったあやちゃんとの対談。もえこちゃんからのオファーで、雪組に組替えしたあやちゃんが対談相手に選ばれていたんです。

この対談のなかでのあやちゃんも、もえこちゃんに♡が凄い( *´艸`)もえこちゃんって、相手役になる娘役さんを♡にするチカラが凄いのでしょうね!この対談のことは、また長くなりそうなので別の機会に触れますね(*^^*)

岐路に立つ、瑠風輝

ありちゃんとの対談では、同期同士の遠慮のない話し方や内容で、そういうのも自然でとてもよかったし、同期で先頭を走るありちゃんをリスペクトしつつも、負けないように自分も頑張ろうという強い決意も感じました。そして、ありちゃんのウィークポイントも知っているからこそ、親心のような気持ちで舞台を観に行って感動したり…。そういう優しさも垣間見られるトークだったんですよね。

瑠風輝さんは、今、岐路に立っているような気がします。

これからの活躍が期待されている一人だからこそ、どの場所でどのような形でどのような立ち位置で舞台に立つのかに注目が集まっていますね。この対談を観て、若手時代の葛藤も感じられたし、自分の持ち味をまだ理解しきれていないもどかしさも感じました。でも、宝塚で自分の個性を伸ばして頑張っていこう…!という強い決意のようなものも同時に感じたんです。

もえこちゃんの次の舞台は、どのタイミングで、どのようなお役になるのでしょうか。

タカラヅカニュースなどでほんの少し最近の様子が流れましたが、ほとんどトークもなかったので今は状況が全く分かりません。ですが、とにかく元気に過ごしてくれていることを願うばかりです。「ネガティブ思考」だと話してくれていたので、それが加速せず、できるだけ穏やかな気持ちでいてくれたらいいなぁと思います。

よろしければ、「読んだよ!」のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次