誰も知らない「和希そら」の素顔

このところ、「はぁぁぁ…」となっているブログ記事ばかりだったので、今日はちょっと違った角度から書かせていただきます。今日書きたいのは、雪組さんのこと、そして和希そらさんのこと。

和希そらさんが退団発表された時、もう凄くショックで、自分でもこんなにショック受けるんやな…と思うくらいでした。ホント、もったいないなぁ…って自分でもびっくりするくらいショックやった…。

あわせて読みたい
「和希そら、退団発表」に言葉がない… 言葉がありません。宝塚からのお知らせを見て目を疑いました。声にならない声が出た…。 雪組 和希そらさんが退団を発表されました。 2024年2月11日(雪組 東京宝塚劇...
あわせて読みたい
衝撃の『和希そら退団発表』から一夜明けて。心に秘めた想い 月城かなとさん、海乃美月さんの退団発表に浸っていたところに、突然の宝塚歌劇団からの「雪組退団者」お知らせ。雪組集合日だったこともあり、今思えば突然ではなかっ...

でも、何とか気持ちを持ち直してラストステージを、「そらくんらしく」楽しんでほしいなぁと思っていたところに、一連の事柄が起こり、次々に宝塚歌劇団の問題点が明るみになって雪組公演も中止になって…。

でも、何とか再開した雪組公演。宝塚大劇場千秋楽の映像を観ることができました。複雑な思いもありつつですが、ダイジェストで観るだけでもとても雪組らしくて素敵な作品だった…!

特にレビューがとても美しくて、これぞ宝塚!という感じ。お衣装も主題歌も構成も楽しくて、煌びやかで、なんて祝祭感に溢れたレビューでしょう。このような状況だからこそ、逆にその輝きが辛くなる…そんな気持ちもありますが、やっぱり宝塚っていいな、と思わせてくれました。

あーさ(朝美絢さん)のキラキラと輝く堂々たる姿、夢白あやさんの凄味のある華やかさ、彩風咲奈さんの素朴で温かいお人柄を感じる舞台姿と挨拶に、ダイジェスト映像でもぐっときました…!

そして、何と言っても3番手で輝く和希そらさんの存在。

そらくんが3番手として雪組に居てくれるだけで、半端ない安定感と安心感。そしてドキッとするような奥行きのある色気が、雪組の舞台にプラスされていると感じるのです。

雪組のどこを見渡しても、若手のホープにカッコ良くて頼れる兄貴的な上級生、娘役さんも大充実…。雪組さんって、若手も伸び伸び自分をブラッシュアップできる、とてもいい土壌があるのかもしれません。

トップスターの彩風咲奈さん、2番手の朝美絢さん、3番手の和希そらさん。

このお三方が全く魅力がかぶっていなくて、それぞれに濃い男役像があって、誰が真ん中に立っていても舞台がしっかり埋まる。それって、凄いことですよね!!

組力の強さって、トップスターだけが輝いて魅力があればいい、というのではなくて、2番手も3番手も輝いていないと生まれないと思う。

そういう意味で、今の雪組は物凄くトップスターに次ぐスターさんたちのバランスが取れていて、とてもゴージャスで華やかな組に進化しているなぁと思うのです。そこに、下級生ながら貫録十分の夢白あやさんの持ち味がぴったりハマっていると思います。

最近、xで話題なのが「和希そら文学」。

私も実は、ハマっています…( *´艸`)(ご存じない方は、xで「和希そら」で検索されると、出てきます。私もいくつかリポストさせていただきました)

っていうかね、結構前に雪組さんの男役さんたちをモチーフにした「妄想劇場」的なxがたくさん流れていて(それにも私ハマったのですが(*”▽”))

この番組があってた頃、「学園もの」的なテーマだったからめちゃくちゃファンの中で妄想膨らみましたよね( *´艸`)¥

タカラヅカ・スカイ・ステージ開局21周年特別番組「SKY STAGE SUMMER SCHOOL~スターが集う夢の学園~」

もうね、本当に皆さん、それぞれの雪組男役さんの解釈を短い文章に昇華する才能が物凄くて…!!久城あすさんの先生バージョンのとか凄く好きでした( *´艸`)

いつかこっちゃんやせおっち、ほかにも渋い上級生男役さんたちの文学もお願いしたい…(*”▽”)

でね、最近は和希そらさんの妄想劇場的な「和希そら文学」が最高潮に盛り上がってますよね。やっぱね、そらくんの魅力ってそういうとこよね!とブンブン頷く感じで、解釈一致過ぎて笑いが出るくらいpostに楽しませていただいています。

なんでこんなに盛り上がるかっていうと、やっぱり退団間近で惜しむ気持ちが溢れているのと、ちゃんと「そらくんの男役像」が確立されているからだと思うんです。人柄と男役としてのイメージが多くの人に一致して伝わっているからこそ盛り上がれるんよね(/_;)

で、皆さまの和希そら文学で気づいたのが、やっぱ和希そらという男役のイメージは「どこか影のあるカッコよさ」なんかなぁと勝手に思いました。「誰のものにもならない」「どこか捉えどころのない」「抜け感のあるリアル男子」っていう感じです。

あれだけ何でもできて、ぱっと見は可愛らしさもあってキャラクターも明るい、でも物凄い影の部分と色気が混在した「誰も知らない和希そら」がいつも同居してるんよね。

やっぱ、こういう男役さん稀有だし、もっともっとその男役姿を観たかったと思わざるを得ない…。そらくんだからこそ、いやそらくんしかできないお役がまだまだゴマンと有ったと思うよ。

だからこそ、残りの公演は本当に貴重だし、その男役としての姿を目に焼き付けたい!!生観劇は叶いませんが、千秋楽ライブ配信も決まったのでそれを楽しみに待ちたいと思います。

読んだよ!のクリックしてくださったら嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次