『朝美絢』と『礼真琴』。意外な素顔と同期愛

雪組2番手、男役スター朝美絢さん。月組から2017年に雪組に組替えされてから、もう6年も経つんですね。

2番手として雪組で輝く今でも、私のなかでいまだに好きな「A-EN ARTHUR VERSION」朝美絢さん(あーさ)の姿を思い出してしまいます(*’▽’)

だって、もうこのヴィジュアル!!メイクもファッションも新時代過ぎました(≧▽≦)


STAGE Pick Up プレミアム#92~月組『A-EN』【ARTHUR VERSION】より~

まさに次世代の「月のプリンス!!」って感じで、「新ジャンル男役さん」がきたーーーー!!って思った。

スター揃いの宝塚男役スターのなかでも、「大好きだぞ、泣き虫プリンセス!」(←名言)という破壊力抜群の決め台詞をナチュラルに言い放てるのは、後にも先にもこの方しかおりますまい( *´艸`)

目次

あーさのキャラクターと素顔のギャップ

あーさの魅力って、さっきの台詞みたいなのがサラっと似合うし、舞台姿や持ち味はかなり「アグレッシブ」なのに、素顔はとても穏やかでほんのり天然で( *´艸`)何よりめちゃくちゃ優しいところだなぁと、いつも思います。

宝塚伝統の男役の雰囲気とは一味違うカッコ良さがあって、もちろんお役によっても変わるけど持ち味はやっぱりシャープで現代的な雰囲気。舞台上での目線や台詞回しにも独特の美学やカッコよさがあるから、目が離せないんだと思います。

雪組に組替えになってからはあまりそういうお役はないと思いますが、またAーENばりに「俺様」な役とか来たら、絶対に似合いそう…(*^^*)

でも、反面その素顔はほんわかしていて優しい。そのギャップがまたいいんですよね(*’▽’)!(下級生とカードゲームしてた番組、最高過ぎて涙出るほど笑った(≧▽≦))

それは、スカイステージ番組で見せる素顔や、同期である礼真琴さんへの言葉でも感じました。

『朝美絢』と『礼真琴』の同期愛


LOCK ON!-スター徹底検証-「礼真琴」

こっちゃんの特集番組『LOCK ON!-スター徹底検証-「礼真琴」』で同期代表として登場したのがあーさ!!結構、意外でした!

あーさとこっちゃんって一緒に過ごしているイメージがなくって、同期代表としてコメントするほど仲良しだったなんて、なんかめちゃくちゃ嬉しかった…(*’▽’)

あわせて読みたい

あーさは、こっちゃんのことを音楽学校時代から「この子はホント凄いな」と思っていたそう。でも、キリっと優等生っていうのじゃなくて率先してふざけたりして、「弟キャラ」なところも可愛いって(*^^*)

こっちゃんがあーさに「弟キャラ」だって…?想像しただけで、なんかキュンとするな( *´艸`)

そして、音楽学校の時からこっちゃんの歌には特別な力があったこと、あーさは、こっちゃんの歌を聴いて同期皆のなかに湧き上がってくるものがあったと話してくれていました。

こっちゃんが、上級生に混じりどんどん躍進していく姿に

「この人は、95期の誇りだ!」

そう断言してくれるあーさの懐の深さ、同期愛がとっても素敵だった(/_;)

こっちゃんがトップスターに就任するという知らせを聞いた時には、抱き合って泣いたんだそう。

「これからもずっと、同期はこっちゃんの味方やで!」

花組の柚香光さんと時期を近くして、95期の先陣を切ってトップスターに上りつめたこっちゃん。あーさは当時、そう力強く背中を押したくれたんですね(/_;)

デュエットダンスで階段を下りてきたこっちゃんを観て、さらに大羽根のパレードではこっちゃんが涙で見えないくらい感動したあーさ。

こっちゃんみたいに踊りたい!

そう思っていた頃を思い出したというあーさ。

そういう気持ちを、同期に素直に伝えられるって素敵やなぁ。

こっちゃんは音楽学校の頃からあーさのことを「お兄さん」だと、ずっと身の回りのことから色んな事をお世話になり過ぎてるって話してくれました。そういう同期のなかでも、友のような兄弟のような関係が続いているっていいよね(;_;)「あーさ、あーさ!!」ってあーさに言ってるこっちゃん、想像しただけでなんかいいよね(≧▽≦)

私はスカイステージで観ましたが、amazonでもこの番組を観ることができるんですね(*’▽’)!!あーさのほかにも、こっちゃんのことを上級生下級生、そしてなこちゃん♡宝塚OGまでたっぷり語ってくれる、最高の番組やった(/_;)

あわせて読みたい
礼真琴の「青春」。星組『阿弖流為』それぞれの岐路 ついに2017年ドラマシティ、日本青年館で上演された星組『阿弖流為』を映像で観ました。 いつかは観たくてスカイステージで録画はしていたのだけれど、何だか凄く構えて...

組が違っても、ともに宝塚を盛り上げる仲間!!

お互いが刺激になり、活躍が楽しみでもある。そんなあーさとこっちゃん。

音楽学校時代から、面倒見がよかったあーさ、その実力はもちろん愛嬌のある素顔も魅力だったこっちゃんは、同じ組に配属されることはありませんでしたが、こうしてお互いの活躍をずっと応援し続けているんですね。

95期皆で盛り上げていけたらいいよね!っていう同期の絆。

95期はそれが特に感じられる期だなぁとさまざまな視点から思います。組が違っても高め合える関係性、そしてずっと応援し合える関係性…。

やっぱ、宝塚ってとっても独特な世界で、だけどとても素敵だなぁと思わせてくれた2人でした(*^^*)

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

宝塚ファン歴20数年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次