『愛月ひかるサヨナラショー』を「心の宝箱」に入れて

あけましておめでとうございます!

愛する愛月ひかるさんが宝塚を卒業され、まもなく年が明け、なんだかご卒業の日がもうずっと前のことのよう…

愛月さんも、今年は穏やかにゆっくりとお正月を迎えられたでしょうか。タカラジェンヌOGとなったお正月、どう過ごされたのかな。

これからのタカラヅカを語る前に、これだけは書いておきたい「愛月ひかるサヨナラショー」。人気、実力ともに最高潮の2番手でのご卒業。美弥ちゃんの時にも、「トップ以外の新たな完成形」を観た気がしましたが、やっぱり愛月さんからも他にはない素晴らしい完成形を魅せてもらいました。

目次

思い出と夢が溢れた愛月ひかるサヨナラショー

「幸せの鐘の鳴る日」(誰がために鐘は鳴る)

愛月ひかるという男役の魅力が凝縮した、極上のサヨナラショーでした!宝塚の持つ品格と美しさ、そして温かさが溢れていた。

宙組時代の思い出の曲「幸せの鐘の鳴る日」(誰がために鐘は鳴る)、新人公演で主演、この作品では尊敬する大空祐飛さんのように…とお芝居はもとより、衣装の着こなしにも努力をされた作品だとインタビューでおっしゃっていましたね。

青白いペンライトが劇場を包み込み、神聖な雰囲気…

「Eres mi amor – 大切な人 -」(シークレットハンター)

そして、2曲目の選曲で私の涙腺が崩壊(/_;)

「Eres mi amor – 大切な人 -」(シークレットハンター)。私も個人的に大好きな曲で、宝塚の長い歴史のなかでも上位になるほど素敵な曲だと思っています。この作品に主演された安蘭けいさんも、この曲が好きだとおっしゃっていましたね。

宙組の御曹司であった愛月ひかるさん。初舞台は星組のこの作品でした。そして、自身は星組ファンだったともおっしゃっています。

卒業の場として選んだ星組で愛されてきたこの曲を、この大切なサヨナラショーのなかに組み込む愛月さんの宝塚愛よ…(/_;)歌声と楽曲の美しさがリンクして、もう本当にぴったりで♡今の時代へのメッセージソングにも思えるような歌詞にも改めてぐっときてしまった。愛月さんが歌うからこその、新たな感動がありました。

「マドリードへ」(マノン)

最後の主演作となった作品で、唯一明るい未来を感じさせる曲「マドリードへ」(マノン)。ひと際輝く黒燕尾に身を包んだ愛月さんは、同じく黒燕尾に身を包んだ男役たちに囲まれてその中心に!彼らの目線の先には、スターオーラが溢れる愛月さんが…

舞台上の中心でしっかりとそのパワーを受け止め、輝く姿は感涙でした(/_;)これほどセンターが似合う人、いる?というくらいに、真ん中が似合う人!!

Bouquet de TAKARAZUKA

紫月さん、夢妃さん、漣さん、彩葉さん、湊さん、澄華さんの華やかなBouquet de TAKARAZUKAも、退団者の皆さんの輝く笑顔が印象的でした。色とりどりのクラシカルなお衣装もとってもお似合いで素敵!

長年の夢をかなえた「うたかたの恋」

そして、この後さらに涙腺が崩壊…(/_;)

愛月ひかるさんが、ずっとずっと演じたいと願い憧れ続けたお役「うたかたの恋」!!

大階段の中心に、たったふたりのシーン。

ルドルフ役の愛月さんとマリー役の舞空瞳さんが現れた時には、もう夢かと思うくらいに感動して、泣いてしまった!

これまでのサヨナラショーは、私が知っているサヨナラショーは、「思い出の曲を歌い繋ぐもの」という概念がありました。これまで「やってみたかった役を大劇場のサヨナラショーで演じる」なんてことあったでしょうか!

愛月さんもおっしゃっていたように、2019年のタカラヅカスペシャルの星組コーナーで舞空さんとこの場面をやっていた!という奇跡的なアシストがあったからですが…(今思えば、タカスぺができない現状を思えばこの時ギリギリこのシーンをやっていたから実現したわけで(/_;))

「ずっとずっと夢見ていたお役をサヨナラショーでかなえる」という新しい夢の終着点を見せてもらい、もう胸がいっぱいに(/_;)

どんなお衣装でも着こなし、気品あふれる姿で魅了する愛月さんですが、この白軍服は別格級に素敵で…

うたかたの恋は生観劇でも、映像でも、また外部ではエリザベートの生観劇の際に何度もルドルフというお役を観てきましたが、そのなかでも、ちょっと別格級に気品あふれる素敵なルドルフで…(/_;)

これまで演じられたどの方もクラシカルで美しく素敵だったのですが、愛月さんのルドルフにはさらに大人の色気♡

そしてこのお役への並々ならぬ「覚悟」のようなものを感じられる「想いの結晶」のようなお姿でした。

寄り添う舞空瞳さんも本当に可憐でマリーにぴったり♡初々しさと可憐さ、そして美しさを兼ね備えた舞空瞳版のマリー。このお二人で本当に1作品を演じ切っていただきたい!と思ってしまうほど、この1場面が濃厚でした。

「YOU ARE MY SUNSHINE」(Ray -星の光線-

「YOU ARE MY SUNSHINE」(Ray -星の光線-)愛月さんが星組に迎えられ、「星組の愛月ひかる誕生!!!」と未来を感じた光に溢れた曲。この時の愛月さんは輝きに満ちていて、星組の新たな時代の幕開けを感じさせてくれましたよね。

サヨナラショーでも終盤でこの曲を選んでくれたことに感謝!星組が溢れんばかりの笑顔で愛月さんを囲み、そしてトップスターである礼真琴さんとの温かいアイコンタクトも感動(/_;)本当に信頼し合い、敬愛のこもった絆を感じるアイコンタクトにまた涙(/_;)

この時の並びが、本当に素敵で素敵で。

愛月ひかる×礼真琴の固い絆

礼真琴さんはもちろん、素晴らしいジェンヌさんになられたし今の星組を引っ張る頼もしいトップスター。でも、愛月ひかるという人が隣にいたからこそ、安心してその輝きを存分に発揮すべく精進されているのではないかとも感じるのです。

2番手である愛月さんが、センターに立ってもよいほどのザ・スターさんであることが、どれほど礼さんにとって頼もしく心強かったか。

愛月さんをセンターに、舞空瞳さんと礼真琴さんがサイドを固めるこの並びになったとき…

ふと、礼さんが2番手時代に戻ったような、ホッと安堵したような表情を浮かべられたように感じたのは私だけでしょうか。

いつもセンターで星組生を引っ張らなければ!!と力を込めて舞台を務めている礼さんの姿が、時々心配になるほどストイックに感じることがありました。

でも、愛月さんと舞台に立つ時にはいつも、まるでその胸に飛び込んでいくように何だか安心して力を発揮されているように感じたんです。映像やさまざまなスカイステージのトークなどからも、それは感じていました。

上級生2番手と下級生トップスター。一緒に舞台に立った時間は短かったかもしれない。でもそんなことは関係ないんだ。

サヨナラショーのラストで、お二人だけの温かな絆や敬愛し合う美しい関係性を感じさせてくれて、本当に幸せな気持ちをいただきました(/_;)

「バンバン」(不滅の棘)

そして、ついにフィナーレは「バンバン」(不滅の棘)。宙組生時代の愛月さんの代表作とも言ってよい作品の印象的な曲。旅の終着駅でこの曲を星組生とともに大合唱することになるなんて、当時は思ってもみなかったことでしょう。

でも、愛月さんへの星組生の愛が溢れているからこそ、本当の笑顔で、本物の想いが溢れた最高の「バンバン」が実現したのだと思います!!

これからの愛月ひかるさんにも幸多かれ!!

もう、こんなものを観せられてしまったら、宝塚が星組がもっともっともーーーーーっと好きになってしまうではないか。

愛月ひかるという人がもっともっともーーーーっと大好きになってしまうではないか!!!

宝塚大劇場のサヨナラショー(ライブ配信)では大号泣、東京宝塚劇場の大千秋楽のサヨナラショー(ライブ配信)では幸せな気持ちに満たされ笑顔!!になれた私。

愛月さんらしい凛とした、真っすぐで温かなご挨拶も聞くことができ、緞帳前では素の愛月×礼の掛け合いも観られて( *´艸`)本当に、この1日のおかげで寂しい気持ちはどこか霞み、幸せな未来を感じさせてもらい、前向きな明るい気持ちになれました!

愛月ひかるというタカラジェンヌ、男役さんを好きになって本当によかった。宝塚の伝統をしっかりと次世代へと受け継ぎ、現代性も宝塚様式に外れないギリギリのところまで取り入れて、唯一無二の男役像を創り上げてくれた。

「こんな愛月さんを観たかった!」を、ラストの数か月で全てと言っていいほど見せてくれて、タカラジェンヌとして美しく幕を下ろした愛月ひかるさん。

これからもきっと、愛月さんは宝塚を愛し続けてくれることでしょう。そして、願わくば、その経験や宝塚愛がこれからの宝塚に生かされたらとても嬉しい。もちろんご本人にも舞台に立ってほしい気持ちはありますし、それ以外でもその姿を観られる機会がたくさんあれば本当に嬉しいです。でもそれは愛月さんが望めば…のこと。静かに見守らせてくださいね。

本当に有難う。

この閉鎖的なご時世に、心に光を勇気をときめきをくれて有難う。

いつも品格ある美しい姿、そして真っ直ぐな心でタカラジェンヌとして存在してくれて有難う。

私の大好きな伝統的な宝塚の大切な部分を「絶対になくしてはいけない」と次世代に惜しみなく伝え、自らも体現してくれて有難う。

いち宝塚ファンとして、そして愛月ひかるさんのファンとしてもう本当に有難うの言葉しかでてきません。

このサヨナラショーをそして愛月ひかるさんにいただいた、たくさんの気持ちを心の宝箱に入れて…

これからの愛月ひかるさんにも幸多かれ!!!私も、これからも宝塚を愛し続けます!

読んだよ!のしるしにクリックしていただけたら嬉しいです^^

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。

このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。

筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメント

コメントする

目次
閉じる