礼真琴さん,  宝塚歌劇団,  音波みのりさん,  愛月ひかるさん

「男役・愛月ひかるさん」ここに極まれり!!

書きたいことはたくさんあるのだけれど…

今、愛月ひかるさんのラストデイを見届けた、この今の気持ちをとにかく語らせてください。

男役「愛月ひかる」の芝居、ここに極まれり!!

柳生忍法帳の芦名銅伯、動きが少ないからこそ、難しいお役だと思います。銅伯が「悪」を一手に引き受けていたからこそ、複雑に絡んだ相関関係が引き締まり物語の向かう先に迷いがなかったのだと思います。

この作品では、正義や悪がさまざまな視点で描かれていました。ただの痛快娯楽劇ではなく、それぞれの正義に基づく言動が「悪」と見なされたり「善」と見なされたり…

ある意味、銅伯にも「正義」があったのかもしれない。芦名一族の再興を夢見て真っ直ぐに突き進んだ結果、このような残虐非道な人物になってしまった。

そんな奥深さを表現できたのは愛月さんだからこそ。どこか色気を漂わせながらどっしりと地に足の着いたお芝居ができたのだと思います。

迫力のある和の装いも、長身でどっしりとした佇まいの愛月さんだからこそ、衣装負けするどころか軽やかに着こなしていた。腰まであるのではないかという長髪もバランスよく仕上がり、切れ長の目、整った深紅の口元は品の良さを隠し切れない美しさでした。

まさに「悪の華」として舞台上に咲き誇り、見事に散っていった。

和物を好む、そして似合う愛月さん。ファンとしては、こんなお役も、あんなお役も観てみたかった、そう思う気持ちはやはりある。

でもここ最近の星組の作品のなかで考えると、「この作品で卒業できて良かった」そう愛月さんがおっしゃっていた意味が分かる気がします。

男役「愛月ひかる」のレビューここに極まれり!!

冒頭のオレンジのスーツで踊る愛月さん、なんて美しいんだろう。

力の抜けた男役の美学が溢れた、艶やかな舞台姿にくぎ付けになりました!無駄のない動き、でもどこにいても目で追ってしまう魅力。

それは、素晴らしいトップスターである礼真琴さんが登場した後もそうでした。歌もダンスも最上級の礼真琴さんと並んでも、決してその個性や男役としての魅力が霞むことなく、むしろ輝きを増す!

薄紫の歌、衣装に彩られた、まさに今の「愛月ひかる」だからこそ表現できるワンシーン。

白軍服が誰よりも似合う、愛月さんのためにあるような「ゴールデンデイズ」。クラシカルでゴージャスなドレスに身を包んだ娘役さんたちに囲まれ、清廉なライトブルー軍服のスターたちに囲まれ、それでもなお1等星として輝く姿に涙です。

特に好きだったのは、「キャリオカ」

愛月ひかるさん×音波みのりさんという奇跡の美コンビ!!これぞ見たかったコンビです!!身長差でより男らしく見える愛月さん。さっと手を添えたり、軽々とリフトしたり、男役としての余裕が溢れていて素敵!クラシカルで上質な大人のコンビに酔いしれるシーンでした。

涙で胸がいっぱいになった「アシナヨ」

礼真琴さんから愛月さんへの愛、愛月さんの星組や宝塚、宝塚を愛する人たちへの愛、そんな気持ちが歌詞になっているようで…(/_;)涙が溢れてしょうがなかった。品の良い、美しい深いブルーのグラデーション…この作品のなかで、一番好きなお衣装。トップコンビを包み込むように歌う愛月ひかるさんが、そのまま今の星組の彼らの関係性のように思えて…

ラストの3人の美しい挨拶で、礼さんが愛月さんを見送るのに、胸がいっぱいになったのでしょう。少し間が空いて…名残惜しそうに視線を注いでいたのが千秋楽、印象的でした。

パレードでは、愛月さんにぴったりの真っ白で美しい大きな羽根。シルクハットの被り方、煌めくお衣装の着こなしも完璧で、悠々と歌い上げながら階段をゆっくりと降りてくる様は夢のようでした。

宝塚の化身、「愛月ひかる」だった!!

先日の記事で、宝塚を擬人化したら「愛月ひかる」そのものなのだろう、と書きました。宝塚の化身だと。その想いは、この東京宝塚劇場の千秋楽でなお強くなりました。

愛月さんが持つ、クラシカルでその場をゴージャスにラグジュアリーにしてくれる魅力。色気と「その奥」を想像させる深みを感じさせる全ての立ち居振る舞い。ぱっとそこが華やかになるような圧倒的なスターオーラは、並大抵の努力で身につけたものではないと思います。

本当にもがき苦しまれたと思いますし、宝塚への憧れが強いからこそ、葛藤もたくさんあったことでしょう。でも、そのすべてをしっかりと受け止め、しなやかに乗り越えてきたからこそ、「本物の輝き」を手に入れたのだと思います。

私は、博多座公演「黒い瞳」からではあるけれど、10年ぶりくらいにこんなに夢中になれる大好きなタカラジェンヌさんができて、それが愛月ひかるさんで本当に良かった!!そんな誇らしい気持ちになれる千秋楽でした(/_;)

愛月ひかるさんの全てに元気と勇気とときめきをもらいました!

本当に有難う!

これからの愛月ひかるさんの未来も、輝きに満ちたものになるよう応援しています!

愛月ひかるサヨナラショーについては、また改めてゆっくりと書かせてくださいね。

\読んだよ!のしるしに「クリック」してくださったら嬉しいです /

PVアクセスランキング にほんブログ村

私は、スカパーでタカラヅカスカイステージを観ています(*^^*)スカステは、いまやなくてはならない大切なチャンネルに♡


宝塚ファーストフォトブック vol.5―DVD付 愛月ひかる (タカラヅカmook)

宝塚ファン歴20年、福岡在住、このブログを運営しているnaomiです。 このブログは、アメブロで2011年に開設した「TAKARA座」を前身として、大好きな宝塚のこと、これまで観劇した作品について語っています。 筆者の詳しい自己紹介はこちら→https://takaraza.com/profile

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です